ポルトガルワインの産地・品種

ポルトガルワインの世界へようこそ!

Bem-vindos ao mundo de vinhos portugueses!
かつてドウロ川でポートワインを運んだ運搬船「ラベロス」

かつてドウロ川でポートワインを運んだ運搬船「ラベロス」

ポルトガルはヨーロッパの西端にある小さな国。国土面積は92,210㎢。ちょうど日本の4分の1くらいです。人口は2018年5月9日現在のデータで1,022万人。東京都の人口が1,400万人弱なので、東京よりも少ないくらい。

 

小さくて遠い国ですが、サッカーで有名なクリスチアーノ・ロナウドの出身地であることを始め、最近脚光を浴びています。観光業も盛んで、2018年は、旅行業界で最も権威があり、観光業界のオスカー賞ともいわれる「ワールド・トラヴェル・アワード」で、ポルトガルが2年連続1位に選ばれました。リスボンは訪れたい都市と訪れたいシティブレイク(Best city & Best city break)ダブル受賞。その他全国合わせてアワード史上最高の16の賞を受賞しています。2017年よりも7部門多い受賞となり、ポルトガルの人気を物語っているようです。

 

治安がよい、気候がよい、食べ物が美味しい、そして何よりも人が優しい。などなど、魅力を挙げればきりがありませんが、ポルトガルはワインが美味しい国としても、注目されています。その歴史がとても古いのはご存知でしょうか?ポルトガルを漢字で書くと「葡萄牙」、ブドウ・キバです。ポルトガルのワイン造りの歴史は、なんと紀元前2000年まで遡ります。日本の市場では、新しいワインのイメージがあるかもしれませんが、実はニューではなく、「オールド・ワールド」なのです。

ポルトガルではその小さな国土のほとんど全域において、ワインが造られています。西は大西洋、南は地中海の影響を受け、内陸は大陸性気候であるなど、気候や土壌は多様性が豊かです。

また、ポルトガルワインで特筆すべきは土着品種の多さ。ポルトガル固有の品種は250種類以上も存在すると言われており、品種の多さは世界一です。カベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネなど、世界中で造られている品種ではなく、ポルトガル土着の品種が、今でも使われています。

ポルトガルには、シェリーと並んで世界3大酒精強化ワインと称される、ポートワインとマデイラ・ワインや、フレッシュ&フルーティで微発泡タイプのヴィーニョ・ヴェルデなど、特長のあるワインがあります。しかし、地方の違いとオリジナルの土着品種を組み合わせることで、多様なワインが生み出されるのが、ポルトガルワインの特徴です。ポルトガルワイン=甘い、辛い、ではなく、ポルトガル=多様性が豊か、と言えましょう。

ポルトガルはデータで見ても、世界のトップレベルにあります。2015年のデータで、生産量世界第11位。輸出量世界第9位(金額ベースでは10位)。一人当たりのワイン年間消費量が54リットルで、堂々第1位(フランスが2位、イタリアが3位)。日本への輸入も急増中で、2016年は、輸入総額が対前年比25%増となっています。
 

元来食べることが大好きな国(国民一人あたりの一日のカロリー摂取量は約3500キロカロリー!)で、フードフレンドリーなワインが多いようです。肩肘張らずに、毎日のお食事に合わせられるような、かといえ、シャバシャバではなく、バランスがよく、フレンドリーなワインがたくさんあります。そして、ポルトガルではシーフードやお米もたくさん食べるので、ポルトガルワインは日本人の口にも良く合うと言われています。

魅力あふれるポルトガルワインの中から、あなたにとってのお気に入りの1本が見つかりますように。

ポルトガルワインの産地

ポルトガルのワインに使われる品種


ポルトガルには、土着品種が250種類以上あると言われており、世界一の国産品種の多さを誇ります。カベルネソーヴィニヨンでもシャルドネでもない、このオリジナリティこそがポルトガルワインの魅力の一つともいえます。

舌を噛みそうな名前のものもありますが、代表的なものをご紹介いたしますので、ぜひ覚えてくださいね。

RSS

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:ティンタ・バロッカ

    ティンタ・バロッカTinta Barrocaはドウロ地方で最も典型的な品種の一つで、ポートワインに適した品種として公的に推奨される5つの品種のひとつです。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:ティント・カォン

    ティント・カォン Tinto Cão は、ドウロ地方では18世紀から栽培されている伝統的な品種です。推奨品種トップ5に名を連ねています。
    果汁の中の渋み、酸味、糖分のバランスが完璧で、品質の高いワインを生み出すことができます。色合いもリッチで、タンニンの質が良い品種です。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:カステラン

    カステランCastelão は、ポルトガルの南部、特にテージョ、リスボア、セトゥーバル、アレンテージョ各地方でポピュラーな黒ブドウ品種です。特に、暑く、乾いた、砂質土壌に適しています。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:ヴェルデーリョ

    ヴェルデーリョVerdelho は、酒精強化ワインのベースとして、最初にマデイラ島、アソーレス諸島で使われるようになった品種です。オーストラリアで、リッチでアロマティックなワイン用に使われるようになりました。マデイラ島では伝統的にドライタイプの酒精強化ワインに使われてきました。ベースとなるワインは酸が高く、アロマも豊かです。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:アンタォン・ヴァズ

    アンタォン・ヴァズAntão Vaz は、アレンテージョ地方で最も重きを置かれている品種のひとつです。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:マルヴァジア・フィナ

    ルヴァジア・フィナMalvasia Finaは、主に、ドウロ、ダン、ベイラ・インテリオールの各地方、つまりポルトガルの北の内陸で栽培されていますが、ターヴォラ・ヴァローザ地方、リスボン地方でも見られます。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:ヴィオジーニョ

    ヴィオジーニョViosinhoは、ドウロ地方の伝統的な混植畑に昔から植えられていることがほとんどです。

    伝統的には、収量が低いため、人気のない品種でした。しかし、最近になって、ポートワインとドウロワインのいずれにも使える貴重なぶどうであると、その良さが気付かれるようになりました。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:ラビガート

    アザルAzalはヴィーニョ・ヴェルデ地方で栽培されている白ぶどう品種。上品で心地よい爽やかなシトラス系の香りが特徴です。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:ゴウヴェイオ

    ゴウヴェイオGouveioは、ドウロ原産の品種ですが、今は他の地方でも栽培され、特にアレンテージョで人気があります。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:トゥーリガ・フランカ

    トゥーリガ・フランカTouriga Francaは、ドウロワインのブレンドの核となる品種の一つで、ポートワインに適した品種として公的に認められている5つの品種のうちの一つです。ドウロ地方で広く栽培されていますが、ポルトガルの北半分全体でも見られ、全国の栽培面積の5分の1を占めています。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:ジャエン

    ジャエンJaenは、ダン地方が最も適しているとされ、ほとんどここで栽培されている品種です。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:アルフロシェイロ

    アルフシェイロAlfrocheiroは、元来はダン地方の黒ぶどう品種ですが、暑い気候でも酸を保持することができるため、アレンテージョ、リバテージョ/テージョ、パルメラの地方へも広がってきています。豊かな色、しっかりと熟したタンニンが特徴。ワインは、渋み、アルコール度数、酸味のバランスが良く、ブラックベリーや熟したイチゴを思わすベリー系果実も感じられます。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:エンクルザード

    エンクルザードEncruzadoは、ダン地方で栽培される白ブドウ品種です。ポルトガルでトップクラスの白ブドウ品種です。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:アザル

    アザルAzalはヴィーニョ・ヴェルデ地方で栽培されている白ぶどう品種。上品で心地よい爽やかなシトラス系の香りが特徴です。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:ティンタ・ロリスまたはアラゴネス

    ティンタ・ロリスTinta Roriz またはアラゴネスAragones とよばれるこの黒ぶどうは、スペインではテンプラニーリョとして知られています。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:トゥーリガ・ナショナル

    トゥーリガ・ナショナルTouriga Nacionalは、ポルトガルを代表する黒ぶどう品種。皮が厚く、ワインに濃い色合いとタンニンを与え、ボディと熟成キャパシティをももたらします。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:モスカテル

    モスカテルMoscatelはピーチやライチを思わせる華やかで甘やかな顕著な香りが特徴です。軽い辛口から重めの甘口まで多様なワインを作ることができます。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:トラジャドゥラ

    トラジャドゥラTrajaduraはヴィーニョ・ヴェルデのブレンドによく使われる品種で、ワインにボディを与えます。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:アリントまたはペデルナン

    ポルトガルの全土にわたり栽培されている品種ですが、ヴィーニョ・ヴェルデ地方ではペデルナン( Pedernã)という名前で呼ばれることもあります。
    爽やかな酸味と、多くの場合ミネラル感が特徴で、ワインにいきいきとした印象を与える品種です。リンゴ、ライム、レモンなどを連想させます。

  • 品種情報 新着情報
    品種情報:フェルナン・ピレスまたはマリア・ゴメス

    フェルナン・ピレス(Fernão Pires、マリア・ゴメス Maria Gomesとも言います)は、ポルトガルで最も栽培量の多い品種の一つで、特にテージョ、リスボン、バイラーダ地方で多くみられます。

色・タイプから探す

お得なワインセット(送料無料)

全7件

売れ筋ポルトガルワイン

Portuguese Wine Ranking

 
 
 

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 700円(商品合計8,000円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計8,000円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.