第91回 今から注目しておきたい!ポルトガルのシューズ①

今から注目しておきたい!ポルトガルのシューズ①

[2019.12.11]

12月に入りました。今年、ポルトガルの夏は涼しく過ごしやすかったです。昨年の猛暑が嘘のよう。この涼しさは続き、10月末頃から冷え込むようになりました。
特にポルトガル北部では、今年の冬はとても寒くなりそうです。今朝、ふっと庭に目をやると・・・霜柱が!温かくして過ごそうと思います。

ブラガは毎日シトシト雨。でもクリスマスの準備は着々と進んでいます。

こんな寒い日が続いていたので、
今年は早々とブーツ探しを始めました。
 
‟靴はね、とびきりいい靴を履くの。
いい靴を履いているとその靴が素敵なところに連れて行ってくれるから・・・”
 
私にとって懐かしくも、ずーと心に残っているセリフ。
みなさん、ご存知ですか?
 
漫画『花より男子』の中で、才色兼備のお嬢様藤堂静が、
主人公の牧野つくしに海外での経験をもとに言ったセリフです。
小学生だった私は、そんなお姉様に憧れました。
 
海外に行くと、必ず靴屋さんを覗く様になったのは、
このセリフの影響だったと思います。

憧れのルイスオノフル

少し高くても、背伸びしたくて買ったものです。
その靴を履くとわくわくして、本当に素敵なところに連れて行ってくれている、と思いました。
 
そんな私が、初めてポルトガルに来た時に衝撃を受けたのがポルトガルの靴。
 
最初は妙に安いけど、デザインが洗練されてないなーっと思っていました。でも、よくよく見ると、あれ?これ素敵、これも履き心地が良い、革なのにこの値段?!
と、次々にお気に入りを発見。それ以降、すっかりポルトガルの靴の魅力にはまりました。
もともと、ポルトガルの北部出身の友人が多い私。その中の1人がシューズメーカーで働いています。その彼は、自慢げに、でも複雑そうに教えてくれたことがあります。
 
有名ブランドの靴と言えば、フランスやイタリアのものを思い浮かべるでしょう?
実は、彼らの靴の製造を請け負っているのは俺たち。ポルトガルの靴づくりの歴史は長く、特にこの辺り(ギマランイス)ではシューズメーカーが沢山ある。
でも、2005年あたり(東欧諸国がEUに加盟したころ)から、厳しい価格競争の壁にぶち当たった。その後の金融危機でいくつもの工場が苦しんだ。
この経験から、いくつかのメーカーは気が付いたんだ。これからはコストが安い、だけでは生き残れないってね。だから俺たちも、独自のデザインやブランド力を高め、自らの力で靴を売っていく方向へ舵を切ったんだ。
 
彼の言葉通り、最近はポルトガルブランドのシューズが多くなってきています。
直営店を出すなど、ポルトガル靴ファンの私としては嬉しい変化。
 
そこで、今日は特におすすめしたいブランド、レモンジェリー(Lemon Jelly)をご紹介します。
キャンディの様なポップカラーが勢揃いする注目のシューズブランドです。もともとは、大手ブランドの靴を長年製造してきたメーカーで、特にプラスチック製の靴底を得意としていました。その素材からレインブーツができるのではないか、という発想で作られたのがこのレモンジェリー。優れた靴の素材は革だけじゃない!というコンセプトのもと2011年ブランドを設立。その後、あっという間に人気ブランドに。全ての靴がレモンの香り付き、というユニークなポップで可愛いカラーで雨の日が楽しみになるシューズです。
 
私もオンラインで販売をしていますが、海外のおしゃれな靴が欲しい!という方からオーダーを頂いています。本当にどれも可愛いですし、履き心地も良いのでお勧めです。数年後には、オンラインだけではなく日本でポルトガル製品を扱うお店を出したいのですが、(まだまだ夢ですが)、その時はレモンジェリーを日本の皆さんに紹介したいです。
 
そんなことを考えるようになってから、日本にいる時は、雨の日になると待ちゆく女性の足元が気になって仕方ありません。せっかくのおしゃれな靴が雨でしみていたり、機能性重視の靴だったり・・・おしゃれなレインブーツやレインシューズを履いて、雨の日もワクワクして出かけて欲しい!そう思います。
ハンサムルックなシューズタイプもおすすめ。
ポルトガルに旅行される際にレモンジェリーの靴を買いたい方は、リスボンまたポルトにあるデパートEl Corte Inglésへお出かけください。
<住所>
リスボン:Av. António Augusto de Aguiar 31, 1069-413 Lisboa
ポルト:Av. da República 1435, 4430-999 Vila Nova de Gaia
 
レモンジェリーのほとんどのコレクションは、こちらでご紹介しています。
https://www.buyma.com/r/_LEMON-JERRY-%E3%83%AC%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC/-B4775994/
 
ご興味ある方は覗いてみて下さいね。
 
それでは、また次回!
バックナンバー

RSS

  • 新着情報
    第91回 今から注目しておきたい!ポルトガルのシューズ①

    おしゃれなレインブーツやレインシューズを履いて、雨の日もワクワクして出かけて欲しい!

  • 新着情報
    第90回 夏の風物詩!中世祭り

    今年は以前から訪れてみたかったサンタ・マリア・ダ・フェイラ(Santa Maria da Feira)の中世祭りに行ってきました。

  • 新着情報
    第89回 王妃シリーズ③ディニス1世を支え、後に聖人となったイザベル王妃

    今日、ご紹介するのは慈悲深く王室にいながらも貧しい人々や病人に手を指し伸ばし続けた女性イサベル・デ・アラゴン・イ・シシリアです。

  • 第88回 リスボンから日帰りトリップ!カスカイス・ロカ岬・シントラ編

    今日はリスボンから日帰りで楽しめる、カスカイス・ロカ岬・シントラの旅をご案内したいと思います。

  • 第87回 暮すようにポルトガル個人旅行を楽しむ!ホテル・アパートメント予約編

    今回は、旅の中でも重要になってくる滞在場所についてのご紹介です。

  • 第86回 暮すようにポルトガル個人旅行を楽しむ!航空券購入編

    今回はポルトガル行きの航空券についてご紹介します!

  • 第85回 マデイラ島の手仕事、マデイラ刺繍

    ポルトガルには温かみのある手仕事が今も残っています。

  • 第84回 歴史を肌で感じたい!美しい町ポンテ・デ・リマ

    ポルトガル北部、リマ川に沿って栄えた小さな町、ポンテ・デ・リマ。

  • 第83回 王妃シリーズ②イギリスに渡ったポルトガルの王妃

    今回ご紹介するのは、フィリッパ王妃がイギリスからポルトガルに嫁いできた頃から約270年後のお話しです。

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: http://www.shop.filigranacomamor.com/
www.eleuteriojewels.com
E-mail:s.kiriyama@worldfiligranakk.com

■店長ブログトップはこちら→

https://www.m-portugal.jp/blog2/

 

■メルカード・ポルトガル・オンラインショップはこちら→

http://www.m-portugal.jp/

 

■ポルトガルジュエリー・オンラインショップ「フィリグラーナ・コン・アモール」はこちら→

http://www.shop.filigranacomamor.com/


■コラム「Portugal Lifestyle ポルトガル流、幸せなライフスタイル」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_life/

 

■コラム「毎日飲みたいポルトガルワイン」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_winenavi/

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 700円(商品合計8,000円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計8,000円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.