第68回 癖になる?!ポルトガルのおつまみ

癖になる?!ポルトガルのおつまみ

[2018.7.26]

ビールの美味しい季節になりました!

海の近いポルトでは仕事帰りにビーチによって、一杯ビールを飲んで帰る人もちらほら増えてきました。仲の良い友達と、又は一人でまったりと…働いた後の一杯は沁みますよね。

 

そんな一杯と一緒に食べるおつまみ。おつまみって、後を引く癖になる味が多いのですよね。わかっていながらやめられない…ポルトガルでもそんな美味しいおつまみが色々あります。

 

まず、代表的と言っても良いのがこちらの黄色い食べ物。

トレモッソ(Tremoço)と言います。複数形でトレモッソス(Tremoços)と呼ばれることも多いです。

空豆くらいの大きさです。

日本では見たことがありませんが、ルピナス属というマメ科の植物から採れます。あえて日本語にするとルピン豆。塩ゆでにして食べるのが一般的で、ポルトガルの他に南ヨーロッパやラテンアメリカでもおつまみとして食べられているようです。皮は残して中身だけを食べている人がほとんど。

塩水に浸かって売られています。

このトレモッソ、とてもヘルシーで植物性タンパク質が摂れる優れた食材なのです。見た目が似ているそら豆は、100g当たり348Kcalですが、同量のトレモッソは110Kcalです。タンパク質はそら豆が3gのところ、トレモッソは16gも含まれています。ちなみに夏の定番枝豆は、100g当たり135kcalでタンパク質は7gです。

ポルトガルのおじさん達がビール片手にこのトレモッソを食べながらサッカー観戦している光景は、日本のサラリーマンが枝豆を食べながら野球観戦している光景にどことなく似ています。

 

次に紹介したいおつまみが、オリーブ(Azeitona)です。こちらは皆さん馴染みがあるかと思いますが、ポルトガルではレストランなどで、お通しの様な形で提供されることが多いです。

こちらはお洒落なレストランでのオリーブ。

オリーブには、ビタミンEやオレイン酸、βカロテン、カルシウム、ポリフェノールなど体に良い栄養素が含まれています。緑色のオリーブはまだ若くポリフェノールが多め、黒色の実は熟成していてオイル分が多く味もまろやかです。オリーブの実の色は、緑から赤、赤から黒と熟成するにつれて変わっていきます。そのまま食べても良し、サラダに混ぜても良し、しかも美容・健康効果が高いと言われているので私は2~3日に1回は食べています。オリーブがとても身近なポルトガル人にとっても、なくてはならない存在なのかもしれません。ただし、緑色のオリーブで8~9粒(100g)当たり145kcalと少しカロリー・塩分が高めなので食べ過ぎには注意が必要ですね。

スーパーや市場ではオリーブの量り売りもあります。

ポルトガルのオリーブはこちらでもご購入できますので是非チェックしてみてくださいね。

 

次にご紹介したいおつまみは、パステイス(pastéis)又はサルガドス(salgados)と呼ばれる小さなパイや揚げ物です。日本でもポルトガル料理の定番として紹介されている干しダラコロッケはこの代表的な食べ物です。

 

一般的に年間行事(クリスマスやイースター、誕生日会など)があると、たくさんの種類がテーブルに並びます。日本ではコロッケを冷めたまま食べるのはあまり一般的ではないですが、ポルトガルの家庭では大量に揚げた後、1~2日後くらいまでは常温で置いてあります。小腹が減った時に2~3個つまむ感じです。

形も味も様々です。

スーパーでは様々な種類が冷凍されて売られています。

私のお気に入りは、エビクリームコロッケ(Rissóis de Camarão)です。とろっとしたエビクリームの中にぷりっとしたエビが入っていて、とても美味しいのです。

 

最後にご紹介するのは、少し変わった見た目の食べ物、ぺルセベス (Percebes)。日本語では亀の手と呼ばれています。こちらは一般的なおつまみではなく、高級なおつまみです。シーフードレストランなどで目にすることができます。塩茹でされているので、少し塩辛く感じますが甘みもあるので癖になる味です。貝ではなく甲殻類の一種です。養殖が難しく、天然のものを荒波の中で収穫するため、お値段も高いのだとか。だいたい1㎏3000円~4000円はしています。亀の手は日本でも昔から収穫されていて、近年は全国に流通しているようですが、私はまだ日本では食べたことがありません。もしかしたら、ポルトガル料理のお店でメニューに出てくるかもしれませんね。

見た目で躊躇してしまう亀の手…。でも癖になる味です。

食べ方ですが、手の付け根の様な部分を回しながら中身を引き抜きます。この時に上手くいかないと、中の汁が飛び出し、洋服などに付くとなかなか落ちないので注意しなければいけません。ちなみに亀の手にはコハク酸がたっぷりと含まれているようで、エネルギーの代謝を活発にする効果があるそうです。

 

ポルトガルのおつまみ、いかがでしたか。

暑い日はビール片手に、美味しいおつまみでリラックスして下さいね。

 

それではまた次回!

バックナンバー

RSS

  • 新着情報
    第91回 今から注目しておきたい!ポルトガルのシューズ①

    おしゃれなレインブーツやレインシューズを履いて、雨の日もワクワクして出かけて欲しい!

  • 新着情報
    第90回 夏の風物詩!中世祭り

    今年は以前から訪れてみたかったサンタ・マリア・ダ・フェイラ(Santa Maria da Feira)の中世祭りに行ってきました。

  • 新着情報
    第89回 王妃シリーズ③ディニス1世を支え、後に聖人となったイザベル王妃

    今日、ご紹介するのは慈悲深く王室にいながらも貧しい人々や病人に手を指し伸ばし続けた女性イサベル・デ・アラゴン・イ・シシリアです。

  • 第88回 リスボンから日帰りトリップ!カスカイス・ロカ岬・シントラ編

    今日はリスボンから日帰りで楽しめる、カスカイス・ロカ岬・シントラの旅をご案内したいと思います。

  • 第87回 暮すようにポルトガル個人旅行を楽しむ!ホテル・アパートメント予約編

    今回は、旅の中でも重要になってくる滞在場所についてのご紹介です。

  • 第86回 暮すようにポルトガル個人旅行を楽しむ!航空券購入編

    今回はポルトガル行きの航空券についてご紹介します!

  • 第85回 マデイラ島の手仕事、マデイラ刺繍

    ポルトガルには温かみのある手仕事が今も残っています。

  • 第84回 歴史を肌で感じたい!美しい町ポンテ・デ・リマ

    ポルトガル北部、リマ川に沿って栄えた小さな町、ポンテ・デ・リマ。

  • 第83回 王妃シリーズ②イギリスに渡ったポルトガルの王妃

    今回ご紹介するのは、フィリッパ王妃がイギリスからポルトガルに嫁いできた頃から約270年後のお話しです。

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: http://www.shop.filigranacomamor.com/
www.eleuteriojewels.com
E-mail:s.kiriyama@worldfiligranakk.com

■店長ブログトップはこちら→

https://www.m-portugal.jp/blog2/

 

■メルカード・ポルトガル・オンラインショップはこちら→

http://www.m-portugal.jp/

 

■ポルトガルジュエリー・オンラインショップ「フィリグラーナ・コン・アモール」はこちら→

http://www.shop.filigranacomamor.com/


■コラム「Portugal Lifestyle ポルトガル流、幸せなライフスタイル」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_life/

 

■コラム「毎日飲みたいポルトガルワイン」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_winenavi/

ポルトガルワイン検定

※外部サイトです

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 700円(商品合計8,000円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計8,000円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2022年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.