第90回 夏の風物詩!中世祭り

夏の風物詩!中世祭り

[2019.9.3]

ここ数年で増えてきたポルトガルの中世祭り(Feira Medieval)。
歴史的な街並みを利用して飾り付けをし、まるで中世にタイムトリップした様な雰囲気を楽しめるお祭りです。お城が残されている町で、特に夏休みを利用して開催されています。
 
5年程前まではいくつかの街でしか開催されていませんでしたが、去年あたりから小さい町でも開催され、最近のトレンドとなっています。
 
今年は以前から訪れてみたかったサンタ・マリア・ダ・フェイラ(Santa Maria da Feira)の中世祭りに行ってきました。町の歴史的地区が全て会場になっており、入口で入場料(2.5ユーロ)を支払い入ります。今年は7月31日から8月11日までの12日間、開催されていました。

町の中は中世の雰囲気

お祭りマップ。町の中心地全体が会場です。
それぞれの広場で演劇や演奏会などイベントが催されていました。衣装を着た人が沢山歩いているので、映画の中にいるような気分になります。

伝統的な音楽を奏でるグループ

こちらは物語を演じながら音楽も演奏

サンタ・マリア・ダ・フェイラは、14世紀の国王フェルナンド1世の時代に栄えた町ということで、このお祭りではフェルナンド1世をテーマにした演劇をいくつも見ることができます。お城もとても良い状態で管理されています。14世紀に既に使われていた建築物を目の前にするとなんだかわくわくします。

サンタ・マリア・ダ・フェイラ城

お城を見終わった後は屋台が並ぶエリアへ。ポルトガルの伝統菓子や豚の丸焼きなどの飲食店から、伝統工芸品や騎士のフィギュアや装飾品などまで、様々なお店があり賑わっていました。

ずらりと並ぶ屋台

屋台コーナーを過ぎると、何やら川沿いで寸劇をしている男性たち。船への浸水に困っている様子の男性とそれを助けようとしながら役に立たないアドバイスをする人たち、という笑いありのストーリーで、その場を和ませてくれました。

ロープを投げたり川に落ちたり・・・と体を張った寸劇

夏休みのイベントということもあり、ワークショップや動物との触れ合い、衣装を着て町を歩けるイベントなど、子供が喜ぶ企画が盛りだくさんです。もちろん大人だけでも十分に楽しめます。演劇やパレードは夕方から始まり、深夜頃開催されるイベントもあります。一番盛り上がるのは20時頃の夕飯の時間帯ですので、17時頃に入場し会場を一回りし夕飯を屋台で食べ、その後に音楽や演劇を楽しむという人が多いようです。
 
古い町並みが今でも残る場所ならではのお祭り、いかがでしたか。
こちらのサイトではポルトガルで開催される中世祭りのスケジュールが掲載されています。
https://medievaleventos.pt/calendario/
7月から9月頃にポルトガルへご旅行される場合は、参考にしてみてください。
ただし、通常見学できる教会やお城、博物館などが混乱を避けるため閉まっている場合もありますので、そのような場所を必ず訪れたい方はお祭りのない日に行くことをお勧めします。
 
それでは、また次回!
バックナンバー

RSS

  • 第82回 ポルト周辺!海の見えるカフェ・レストラン

    今日は私のお気に入りの、ポルト周辺で海の見えるカフェやレストランをご紹介したいと思います。

  • 第81回 最近増えています!ポルトガル発ブランド

    ヨーロッパの中で手先が器用なことで知られているポルトガル。
    これまで、フランスやイギリスなど、多くの有名ブランドの商品づくりを支えてきました。

  • 第80回 地元のお客さんに大人気!アヴェイロ郊外で開催される干しダラ祭り

    ポルトガルのソウルフード、干しダラ。現地ではバカリャウ(Bacalhau)と呼ばれ、とても愛されている食べ物です。

  • 第79回 王妃シリーズ①ポルトガルに大きな影響を与えたイギリス出身の王妃

    陰で王室を支え、時には歴史を動かした、強く生きた女性たちを紹介していきたいと思います。

  • 第78回 クリスマス飾り、プレゼピオ。

    ポルトガルの12月と言えば、もちろんクリスマス。

  • 第77回 ポルトガルの運命を決めた、アルジュバロータの戦い

    今日は、ポルトガルの歴史の中で正に『その時歴史は動いた』と言える出来事を紹介したいと思います。

  • 第76回 建物そのものが美しい!リスボンでお勧めのアズレージョ美術館

    今日も前回に引き続き、私がとても気に入っている美術館をご紹介します。

  • 第75回 気分はシンデレラ!必見の馬車博物館

    ポルトガルの豪華な国立馬車博物館をご紹介します。

  • 第74回 コルク生産、世界一!

    ポルトガルはコルクの生産量が世界一なのです!

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: http://www.shop.filigranacomamor.com/
www.eleuteriojewels.com
E-mail:s.kiriyama@worldfiligranakk.com

■店長ブログトップはこちら→

https://www.m-portugal.jp/blog2/

 

■メルカード・ポルトガル・オンラインショップはこちら→

http://www.m-portugal.jp/

 

■ポルトガルジュエリー・オンラインショップ「フィリグラーナ・コン・アモール」はこちら→

http://www.shop.filigranacomamor.com/


■コラム「Portugal Lifestyle ポルトガル流、幸せなライフスタイル」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_life/

 

■コラム「毎日飲みたいポルトガルワイン」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_winenavi/

ポルトガルワイン検定

※外部サイトです

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 700円(商品合計8,000円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計8,000円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき220円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき110円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2024年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2024年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.