第84回 歴史を肌で感じたい!美しい町ポンテ・デ・リマ

歴史を肌で感じたい!美しい町ポンテ・デ・リマ

[2019.4.15]

ポルトガル北部、リマ川に沿って栄えた小さな町、ポンテ・デ・リマ。
その名前を初めて聞いたのは、19歳の時でした。当時、一緒に住んでいたソニアから「私はポンテ・デ・リマ出身なの」と教えてもらった時、その名前をなかなか発音できず笑われたものです。Ponte de Lima。スペインから流れるリマ川に沿って広がる町で、「リマの橋」という意味があります。その名前の通り、この町には美しい中世の橋が今でも大事に使われています。

町のシンボルリマ川とローマ橋

ポンテ・デ・リマの歴史はとても古く、1世紀のローマ時代までさかのぼります。ローマ軍が軍事使用を目的に、最初にこの地に橋を建設されたと言われています。その当時に建設されたアーチ5つは、現在もその姿を残しています。その後、1125年にポルトガル初代国王の母であったテレサがこの地をテラ・デ・ポンテと名付けました。そして13世紀後半のデニス国王の時代までに手が加えられ、1316年には現在の形に近い橋が完成したと言われ、既にサンティアゴ巡礼の道として使われていたそうです。14世紀に入るとペドロ1世が町の建設をするように命じ、ポンテ・デ・リマとして栄えることになります。ちなみにペドロ1世は、侍女であったイネスとの永遠の愛を誓ったことで有名な王様です。
16世紀にはマヌエル1世の命により橋が更に補強され、その状態で1989年まで使われていました。現在も修復されながら中世の橋が維持されています。

1780年に描かれたポンテ・デ・リマの様子。

城壁で囲まれた町と橋がとても素敵です。そして町の姿が現在と大きく変わらないこともみることができます。歴史や古いものを大切にするポルトガル人らしい町ですね。絵に描かれている噴水は今でも町の広場にあります。実はこの噴水、私の思い出の場所でもあります。2006年に初めてポルトガルを訪れた時、ポルトの空港からすぐにポンテ・デ・リマへ車で移動し、この広場に下ろしてもらったのです。その時、ちょうどクリスマスの時期だったのでイルミネーションが綺麗で、ソニアのご両親が気を利かせ立ち寄ってくれたのでした。私にとっては、まさに初めて踏んだポルトガルの土地でした。
少し調べてみると、この噴水は1603年に建設され1929年までは絵で描かれていた位置にあったようですが、その後、橋の近くまで移動されたようです。
 
さて、ポンテ・デ・リマには、1826年から続くフェイラシュ・ノヴァシュ(Feiras Novas)というお祭りが毎年9月に開催されます。当時の国王ペドロ4世が、悲しみの聖母を祭るために開催したのが始まりと言われています。お祭りの時期には屋台が川沿いにズラリとならび、連日たくさんの人が訪れ、音楽にダンス、様々なイベントが催されとても盛り上がります。特に花火が上がる夜は道という道に人が溢れ、身動きできないほどの盛り上がりを見せます。

昼間は音楽隊に出会うことができます

夜になるに連れて人が増えるのはポルトガルならでは。道に人が溢れます。

この女の子がフェイラシュ・ノヴァシュのシンボルです。

今年(2019年)は、9月4日から9日の開催です。このお祭りの他にも花祭りや馬祭り、牛祭りなどもあります。また、ワインではヴィーニョ・ヴェルデの地域になりますので、微発泡で爽やかなワインを楽しむことができます。
 
ポルトからはバスで1時間半ほど、8ユーロ前後です。ポルトからヴィアナ・ド・カステロまで電車で行き、そこからバスに乗継ぎ行くこともできます。
 
ポンテ・デ・リマはとても小さい町ですが、お庭や木々、広場などがとても綺麗に整備されています。昔ながらの可愛い町に行ってみたい!という方は是非訪れてみて下さいね。

普通の日の夜は、明かりが少なくてロマンチックです。

それでは、また次回!
バックナンバー

RSS

  • 第77回 ポルトガルの運命を決めた、アルジュバロータの戦い

    今日は、ポルトガルの歴史の中で正に『その時歴史は動いた』と言える出来事を紹介したいと思います。

  • 第76回 建物そのものが美しい!リスボンでお勧めのアズレージョ美術館

    今日も前回に引き続き、私がとても気に入っている美術館をご紹介します。

  • 第75回 気分はシンデレラ!必見の馬車博物館

    ポルトガルの豪華な国立馬車博物館をご紹介します。

  • 第74回 コルク生産、世界一!

    ポルトガルはコルクの生産量が世界一なのです!

  • 第73回 厳選!地元の人に愛される甘いお菓子たち

    今回は地元の人に愛され続ける美味しいお菓子をご紹介します。

  • 第72回 厳選!ポルトガルで行ってもらいたいレストラン

    今回は、ポルトガルで私が何度も食べに行っているレストランを、厳選してお伝えしたいと思います。

  • 第71回 可愛い民族衣装がいっぱい!ヴィアナ・ド・カステロの夏祭り

    8月はポルトガル国外で暮らすポルトガル人が帰国する時期です。
    そのため、帰国する人たちが楽しめるように、あちこちでお祭りが開催されます。

  • 第70回 愛を貫いたペドロとイネスが眠るアルコバッサ

    先日、ポルトガル中部にある町アルコバッサを訪れました。とても小さい町ですが、重要な建築物であるアルコバッサ修道院があることで知られています。

  • 第69回 雄鶏がたくさん!バルセロス

    バルセロスに行くと、町の至るところで鮮やかな模様の雄鶏「ガロ(Galo)に出会うことができます。

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: http://www.shop.filigranacomamor.com/
www.eleuteriojewels.com
E-mail:s.kiriyama@worldfiligranakk.com

■店長ブログトップはこちら→

https://www.m-portugal.jp/blog2/

 

■メルカード・ポルトガル・オンラインショップはこちら→

http://www.m-portugal.jp/

 

■ポルトガルジュエリー・オンラインショップ「フィリグラーナ・コン・アモール」はこちら→

http://www.shop.filigranacomamor.com/


■コラム「Portugal Lifestyle ポルトガル流、幸せなライフスタイル」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_life/

 

■コラム「毎日飲みたいポルトガルワイン」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_winenavi/

6月に鎌倉で開催!
初夏のファミリーセール

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 700円(商品合計8,000円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計8,000円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル 毛利健
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.