第80回 地元のお客さんに大人気!アヴェイロ郊外で開催される干しダラ祭り

地元のお客さんに大人気!
アヴェイロ郊外で開催される干しダラ祭り

[2019.1.23]

ポルトガルのソウルフード、干しダラ。こちらのコラムでも何度か紹介させて頂きましたが、現地ではバカリャウ(Bacalhau)と呼ばれ、とても愛されている食べ物です。大きなタラを塩漬けにして干した食べ物で、もともとは保存食として使われていました。
 
クリスマスや大事な日にバカリャウを食べることが多く、今ではイワシなどより少し高級な食材になっています。ポルトガルでは365日毎日違うバカリャウレシピを楽しめると言われているほど愛されていて、その調理方法はバラエティーに富んでいます。
 
スーパーには必ずバカリャウコーナーがあります。カットされているものから、開いた状態のもの、また冷凍のものまで様々です。
大きいスーパーではグレード別に平積みされているため、迫力があります。
厚みがある方がより高級とされていて、それぞれ自分自身の目で確かめて選びます。選んだ後は、店員さんに頼んでカットしてもらいます。
機械を使って手際よくカットしてくれます。
大きさにもよりますが、平均で1枚25-35ユーロくらいでしょうか。作りたい料理によっては既にカットされているものやフレーク状のものを買った方が安いかもしれませんが、1枚買うと様々な部位が出るのでいくつかの調理法を楽しむことができます。
 
ポルトガルの国民的食べ物とも言えるバカリャウですが、ポルトガルよりももっと北の海で水揚げされます。その起源をたどると、8世紀までさかのぼります。この頃、北ヨーロッパから西ヨーロッパに進出していたヴァイキングが日持ちのする干しダラを交易品として各地にもたらしたそうです。大航海時代に入るとポルトガルにとっても欠かせない食材になりました。20世紀まではポルトガルも北ヨーロッパの海まで遠洋漁業していましたが、近年はノルウェーやカナダからの輸入に頼っています。
 

遠洋漁業の様子

実際に漁をしていた船も残されています。

タラの加工工場の多くがアヴェイロ郊外の町Ílhavo(イリャヴォ)にあります。昔から漁村だったこの場所から多くの漁師がタラを捕りに長い漁に出ました。一度出たら半年は帰れなかったとか。Ílhavoではバカリャウに関するイベントや博物館があります。最近は、毎年夏になると干しダラ祭りが開催され、地元のお客さんにとても人気があります。

干しダラ加工会社やレストランが臨時レストランを開きます。

ここでしか食べられないようなメニューもあり、迷ってしまいます。

メルカード(マーケット)には通常買うよりお得な商品もありました。

バカリャウの缶詰も種類豊富です。サラダなど手軽に使えるのが嬉しい缶詰です。

このフェスティバルは5日間開催され、期間中はコンサートやワークショップ、バカリャウを使った新しいレシピの紹介などイベントがたくさん用意されています。
 
ポルトガルのソウルフード、干しダラをお腹いっぱい楽しむことができるイベントです。毎年8月上旬に開催されているので、気になる方は公式サイトをチェックしてくださいね。
 
公式サイト https://www.cm-ilhavo.pt/pages/677?event_id=3367
Facebookサイト https://www.facebook.com/FestivaldoBacalhau/
 
以前ご紹介したバカリャウの記事はこちら
 
それでは、また次回!
 
バックナンバー

RSS

  • NEW
    新着情報
    第82回 ポルト周辺!海の見えるカフェ・レストラン

    今日は私のお気に入りの、ポルト周辺で海の見えるカフェやレストランをご紹介したいと思います。

  • 新着情報
    第81回 最近増えています!ポルトガル発ブランド

    ヨーロッパの中で手先が器用なことで知られているポルトガル。
    これまで、フランスやイギリスなど、多くの有名ブランドの商品づくりを支えてきました。

  • 新着情報
    第80回 地元のお客さんに大人気!アヴェイロ郊外で開催される干しダラ祭り

    ポルトガルのソウルフード、干しダラ。現地ではバカリャウ(Bacalhau)と呼ばれ、とても愛されている食べ物です。

  • 第79回 王妃シリーズ①ポルトガルに大きな影響を与えたイギリス出身の王妃

    陰で王室を支え、時には歴史を動かした、強く生きた女性たちを紹介していきたいと思います。

  • 第78回 クリスマス飾り、プレゼピオ。

    ポルトガルの12月と言えば、もちろんクリスマス。

  • 第77回 ポルトガルの運命を決めた、アルジュバロータの戦い

    今日は、ポルトガルの歴史の中で正に『その時歴史は動いた』と言える出来事を紹介したいと思います。

  • 第76回 建物そのものが美しい!リスボンでお勧めのアズレージョ美術館

    今日も前回に引き続き、私がとても気に入っている美術館をご紹介します。

  • 第75回 気分はシンデレラ!必見の馬車博物館

    ポルトガルの豪華な国立馬車博物館をご紹介します。

  • 第74回 コルク生産、世界一!

    ポルトガルはコルクの生産量が世界一なのです!

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: http://www.shop.filigranacomamor.com/
www.eleuteriojewels.com
E-mail:s.kiriyama@worldfiligranakk.com

■店長ブログトップはこちら→

https://www.m-portugal.jp/blog2/

 

■メルカード・ポルトガル・オンラインショップはこちら→

http://www.m-portugal.jp/

 

■ポルトガルジュエリー・オンラインショップ「フィリグラーナ・コン・アモール」はこちら→

http://www.shop.filigranacomamor.com/


■コラム「Portugal Lifestyle ポルトガル流、幸せなライフスタイル」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_life/

 

■コラム「毎日飲みたいポルトガルワイン」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_winenavi/

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 700円(商品合計8,000円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計8,000円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル 毛利健
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.