第66回 サクランボ狩りに行って来ました!

サクランボ狩りに行って来ました!

[2018.6.15]

6月はサクランボが美味しい季節です。

以前も、こちらの記事で紹介しましたが、この時期ポルトガルではスーパーやレストランでサクランボが売られています。

 

ポルトガルの中でサクランボの生産量が一番多い町は、フンダオン(Fundão)です。ここでは、毎年6月になるとサクランボ祭りが開催される程、サクランボ栽培に力を入れています。先日、念願叶ってフンダオンを訪れることができました。

今年のサクランボ祭りは6月8日~10日でした。

日本ポルトガル協会の創立50周年記念旅行の特別プログラムだったので、通常はなかなかできないフンダオン市庁舎を訪問し、フェルナンデス市長のお話しを伺いました。

市長もサクランボ栽培にはとても力を入れられていること、また近い将来日本にも輸出ができればきっと日本の皆さんに喜んでもらえると思っている、と仰っていました。

 

市庁舎では、サクランボタルトとサクランボチョコレート、サクランボジャム、サクランボティーを頂きました。どれも市庁舎職員の方のお勧め!というだけあってとても美味しかったです。

サクランボタルト

サクランボチョコレート(サクランボリキュール入り)

サクランボティー

フェルナンデス市長のご厚意で、サクランボ狩りもアレンジしてくださいました。フンダオン中心地から車で10分程走ると、そこにはたくさんのサクランボの木が植えてあり、可愛らしい赤い実が一目見ただけでもわかるほど実らせていました。

 

お邪魔した農園には5種類のサクランボの木が植えられていました。中には山形の佐藤錦に似た種類やアメリカンチェリーの様な濃い紫のサクランボもありました。

収穫しやすい高さのサクランボの木がずらり。

サクランボ狩りができるよう、フンダオンの名前入り紙パックも頂きました。

抜ける様な青空とサクランボの赤がとても綺麗です

パック一杯、お腹一杯にサクランボ狩りを満喫した後は、ランチを頂いたのですが、これがまた素晴らしかったです。

 

現地の職業学校(Escola Profissional do Fundão)には学食の横をレストランとして開放しており、シェフ養成コースに通う生徒さんたちのお料理・おもてなしを楽しむことができます。今回はサクランボコースを予約していましたが、そのクオリティーの高さにとても驚きました!

 

グリーンサラダ(生ハムとチェリービネガー添え)から始まり、冷静スープ(チェリー酒漬けのチェリー付き)、干しダラのオーブン焼き(ドライチェリーとオリーブ添え)、仔羊カレー(チェリーとサツマイモのピュレ)、チェリーケーキと全てのお料理にサクランボが使われていました。中でも、チェリー入りカレーとチェリーケーキはとても美味しく感動しました。

仔羊カレー(チェリーとサツマイモのピュレ)

チェリーケーキ

サクランボ尽くしの一日で、すっかりフンダオンのサクランボのファンになりました。次回は是非サクランボ祭りに参加してみたいと思います。ご興味がある方はこちらのサイトをのぞいてみて下さいね。

http://festadacereja.cm-fundao.pt/index.php/programa(ポルトガル語のみ)

 

それではまた次回!

バックナンバー

RSS

  • NEW
    新着情報
    第67回 ポルトガル歴史的な村、ピオダォン

    いつか訪れてみたいと思っていた村、ピオダォン。
    先月、念願叶って行くことができました。

  • 新着情報
    第66回 サクランボ狩りに行って来ました!

    6月はサクランボが美味しい季節です。この時期ポルトガルではスーパーやレストランでサクランボが売られています。

  • 第65回 ポルトガルで食べたい!美味しいタコ料理

    日本ではお馴染食材のタコ。ポルトガルをはじめ、スペインやイタリアなど南ヨーロッパでは普通に食べられています。

  • 第64回 緑豊かな北ポルトガル

    最近、友人の間での話題になっていることがあります。それが、北ポルトガルにあるペネダ・ジェレス国立公園(Peneda-Gerês)です。

  • 第63回 4月25日革命から見るポルトガルの歴史

    もうすぐ4月25日。
    皆さん、この日が何の日かご存知でしょうか。

  • 第62回 一度は行きたいポルトガルの劇場

    先日、ブラガにあるシルコ劇場(Theatro Circo)へ行って来ました。
    背伸びしすぎない雰囲気でちょうど良い規模の劇場です。

  • 第61回 人生そのものを歌ったファド

    ファドは、19世紀にポルトガルで生まれたと言われています。大衆民謡で自らの運命や宿命を歌っています。

  • 第60回 旅行中にも立ち寄りたい!ポルトガルのショッピングセンター

    ポルトガルのショッピングセンターは一般的に規模が大きく、映画館や大型スーパーも入っています。

  • 第59回 ポルトガルの乗り物たち

    ポルトガルではインフラが整っているので、車やタクシーに乗らなくても大体の場所には行くことができます。

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: http://www.shop.filigranacomamor.com/
www.eleuteriojewels.com
E-mail:s.kiriyama@worldfiligranakk.com

■店長ブログトップはこちら→

https://www.m-portugal.jp/blog2/

 

■メルカード・ポルトガル・オンラインショップはこちら→

http://www.m-portugal.jp/

 

■ポルトガルジュエリー・オンラインショップ「フィリグラーナ・コン・アモール」はこちら→

http://www.shop.filigranacomamor.com/


■コラム「Portugal Lifestyle ポルトガル流、幸せなライフスタイル」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_life/

 

■コラム「毎日飲みたいポルトガルワイン」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_winenavi/

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト
Image

画像のみキャプション

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 700円(商品合計8,000円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計8,000円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル 毛利健
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.