第62回 一度は行きたいポルトガルの劇場

一度は行きたいポルトガルの劇場

[2018.4.9]

先日、ブラガにあるシルコ劇場(Theatro Circo)へ行って来ました。 実は100年以上の歴史がある劇場で、ブラガの中心地にあります。上品でクラシカルですが、背伸びしすぎない雰囲気でちょうど良い規模の劇場です。

 

シルコ劇場がオープンしたのは1915年4月21日でしたが、その前身として1901年に既にサン・ジェラルド劇場(Teatro São Geraldo)が創設されました。この頃、まだブラガには劇場がなく、文化的な楽しみを広げたいと考えた3人の男性によって作られたそうです。記念すべき最初のパフォーマンスは、「薔薇の王女(A Rainha das Rosas)」という演劇だったとのこと。なんだかロマンチックですね。

中央のシャンデリアが美しいメインルーム。897席あります。

客席は4階まであります。

ボックス席からみた場内。特別感があります。

次第にこの劇場はオペラやブラガ交響楽団などにより、ブラガの人々の心を捉えていきました。この頃、プッチーニやヴェルディなどが人気だったようです。『椿姫』や『蝶々夫人』なども公演されていたのかもしれませんね。そして、1920年代にはメインホールが拡大し、ノーブルホールなどのスペースが建設されました。そのメインホールがこちら。
手作業で制作された美しい赤いソファ、愛称「恋人たちのソファ」が目を引きます。
シャンデリアも眩いばかり。
1930年代になると、トーキー映画が人気になり、劇場ではいくつもの映画を上映したようです。こんなに美しい劇場で映画が楽しめるなんてとても優雅な気分になりそうです。 1950年代ではファド女王アマリア・ロドリゲスのコンサートやウィーン国立管弦楽団、ロンドンのオペラの公演をすることもありましたが、テレビがカフェに普及すると劇場へ出かける人が減ってしまい、悩ましい時期だったようです。この状況は徐々に深刻になり、1970年代には1階に存在したブリストル・カフェを銀行に売却することになりました。この場所は前身のサン・ジェラルド劇場が作られた土地だったとのこと。

現在の劇場内カフェに飾ってある1950年代のカフェ(写真左)

銀行は現在も営業しています。

 

その後、1980年代からはブラガ市庁が大部分の株主資本を得て、社会的文化価値を安定して提供できる場になるよう運営していました。現在は民間企業により運営されています。2010年には小規模な講堂も増設され、メインルームと合わせて演劇・映画・オペラ・バレイ・音楽など多種多様な公演をしています。

ふっと上を見上げると、多くの細工が施されていることに驚きます。

メインホールのバルコニーから見た、ブラガのメインストリート。夏は花壇の花が満開になりとても可愛い通りです。

ドアノブにも飾りが施されています。

劇場の外観(一部)

*シルコ劇場*

Theatro Circo

住所:Avenida da Liberdade, 697 - 4710-251 Braga

www.theatrocirco.com

 

美しいシルコ劇場。

上品だけど敷居が高すぎない雰囲気がとても良いと思いますが、いかがでしたでしょうか。

 

最後に、ポルトガルの劇場に行ってみたいけれどブラガは少し遠いな、という方へリスボンとポルトの劇場についてご紹介します。

 

*サン・カルロシュ国立劇場*リスボン

1793年に創設された非常に歴史ある劇場です。1755年にリスボン大地震で倒壊してしまったテージョ・オペラ・ハウスの後身として建てられたと言われています。

Teatro Nacional de São Carlos

住所:Rua Serpa Pinto, n.º 9 1200 – 442 Lisboa

http://tnsc.pt/

*カーザ・デ・ムジカ*ポルト

ごろんと転がってしまいそうな形が目をひく劇場です。2005年にポルトがEU文化首都就任を記念して、文化的な創造を目的として建てられました。

Casa de Musica

住所:Av. da Boavista 604-610, 4149-071 Porto

http://www.casadamusica.com/pt/

ポルトガルの劇場、一度は訪れてみて下さいね。

 

それではまた次回!

バックナンバー

RSS

  • NEW
    新着情報
    第67回 ポルトガル歴史的な村、ピオダォン

    いつか訪れてみたいと思っていた村、ピオダォン。
    先月、念願叶って行くことができました。

  • 新着情報
    第66回 サクランボ狩りに行って来ました!

    6月はサクランボが美味しい季節です。この時期ポルトガルではスーパーやレストランでサクランボが売られています。

  • 第65回 ポルトガルで食べたい!美味しいタコ料理

    日本ではお馴染食材のタコ。ポルトガルをはじめ、スペインやイタリアなど南ヨーロッパでは普通に食べられています。

  • 第64回 緑豊かな北ポルトガル

    最近、友人の間での話題になっていることがあります。それが、北ポルトガルにあるペネダ・ジェレス国立公園(Peneda-Gerês)です。

  • 第63回 4月25日革命から見るポルトガルの歴史

    もうすぐ4月25日。
    皆さん、この日が何の日かご存知でしょうか。

  • 第62回 一度は行きたいポルトガルの劇場

    先日、ブラガにあるシルコ劇場(Theatro Circo)へ行って来ました。
    背伸びしすぎない雰囲気でちょうど良い規模の劇場です。

  • 第61回 人生そのものを歌ったファド

    ファドは、19世紀にポルトガルで生まれたと言われています。大衆民謡で自らの運命や宿命を歌っています。

  • 第60回 旅行中にも立ち寄りたい!ポルトガルのショッピングセンター

    ポルトガルのショッピングセンターは一般的に規模が大きく、映画館や大型スーパーも入っています。

  • 第59回 ポルトガルの乗り物たち

    ポルトガルではインフラが整っているので、車やタクシーに乗らなくても大体の場所には行くことができます。

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: http://www.shop.filigranacomamor.com/
www.eleuteriojewels.com
E-mail:s.kiriyama@worldfiligranakk.com

■店長ブログトップはこちら→

https://www.m-portugal.jp/blog2/

 

■メルカード・ポルトガル・オンラインショップはこちら→

http://www.m-portugal.jp/

 

■ポルトガルジュエリー・オンラインショップ「フィリグラーナ・コン・アモール」はこちら→

http://www.shop.filigranacomamor.com/


■コラム「Portugal Lifestyle ポルトガル流、幸せなライフスタイル」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_life/

 

■コラム「毎日飲みたいポルトガルワイン」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_winenavi/

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト
Image

画像のみキャプション

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 700円(商品合計8,000円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計8,000円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル 毛利健
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.