第56回 美味しすぎるマデイラ島!食べ物編

美味しすぎるマデイラ島!食べ物編

[2017.1.11]

こんにちは。

早いもので平成30年になりましたね!皆さま、どんな年末年始を過ごされましたか。

私は2017年の1年間を振り返りながら、日本の美味しいお正月を満喫しました。と同時に、まとまった時間が取れたので、ポルトガルの歴史について関連本を色々と読みましたよ。

相変わらずポルトガルは私の知的好奇心をくすぐってくれます。まだまだ知らないことがたくさんあるのです。

 

そんな私は、昨年すっかりマデイラ島の魅力にはまりました。

 

「僕はマデイラ島で生まれ育って、本物のマデイラホリックなんだ!」

11月に現地で出会った知人がこう言っているのを聞いて、思わず納得。マデイラ島の人々は本当にこの島のことを誇りに思っているように感じます。

 

そこで今回は、マデイラ島の魅力の1つでもある「食」についてご紹介したいと思います。

 

まずは、メイン料理から。

海に囲まれているためお魚料理が美味しいのは言うまでもありませんが、中でも皆さまに試してもらいたいのがマデイラ名物「黒太刀魚のフライ-焼きバナナとパッションフルーツソース添え-(Filete de espada preto com banana e molho de maracujá)」です。

初めて見た時は、魚の上に乗っているバナナに驚きました。

初めて見た時は、魚の上に乗っているバナナに驚きました。

おそらくマデイラ島でしか味わえない料理です。

マデイラ島の黒太刀魚は身が厚く、揚げることでふわっとした食感が楽しめます。そして、焼きバナナとパッションフルーツの絶妙なコンビネーションがなぜかこの黒太刀魚と合うのです。結構、好みがわかれる料理の様ですが、私はいつのまにかに大好きになっていました!

でも、市場に並ぶ黒太刀魚はちょっと怖いです。

海鮮料理のレストランで、メインの前に注文したいのが「カサガイ(lapas)」です。

たっぷりのバターとガーリックでグリルして、食べる前にレモンを絞れば最高のおつまみになります。テラス席でビールやワインを飲みながら、カサガイを食べる…なんとも言えない贅沢な時間です。

たっぷり出してくれるのも嬉しいです。

たっぷり出してくれるのも嬉しいです。

続いて紹介したいのが、パンや付け合わせの食べ物。マデイラ島では前菜やメイン料理に負けずと美味しいので嬉しい悲鳴です。マデイラ島ではサツマイモの栽培がとても盛んに行われています。そのため、パンや付け合せにもサツマイモが使われます。

 

マデイラ島のパンと言えば、「ボーロ・デ・カコ(Bolo de caco)」

小麦粉に茹でたサツマイモを加えて作ります。発酵・成型させた後に鉄板で焼くので、丸く平たい形が特徴的です。ボーロはポルトガル語で「ケーキ」、カコは「破片」という意味があります。「破片のパン?」不思議な名前だなっと思っていると、マデイラ島で知り合った方がその由来を教えてくれました。

 

それは、16世紀頃のお話し。

当時の王様が、一般家庭にオーブンを設置することを禁止し、オーブンを使うことができる場所を特定しました。庶民はオーブンを使う場合はわざわざお金を払わなければいけなかったため、本土にあるようなパンは作れませんでした。

マデイラ島は火山島なので、玄武岩の破片がありました。そこで、この玄武岩を温めてオーブン代わりに使い始めたそうです。平らな岩の破片を集めその上で生地を焼くことで、もっちりした食感のボーロ・デ・カコが生まれたのです。そのため、この名前で呼ばれるようになったとのこと。今では鉄板で焼くのが一般的になっています。ちなみに、マデイラ島にサツマイモの栽培が始まったのは17世紀頃らしいので、当時はまだ入っていなかったかもしれません。

ボーロ・デ・カコ。バター・パセリ・ガーリックがしみ込んでいます。何枚でも食べたくなる味です。

ボーロ・デ・カコ。バター・パセリ・ガーリックがしみ込んでいます。何枚でも食べたくなる味です。

ボーロ・デ・カコの他に、ふわっとしたサツマイモパンもあります。

ほんのりサツマイモの香りがします。山盛り具合もなんだかわくわくしますね。

ほんのりサツマイモの香りがします。山盛り具合もなんだかわくわくしますね。

メインの付け合わせには、サツマイモのグリルも。素朴ですがこれがとても美味しいのです。ポルトガル本土ではサツマイモが付け合わせで出てくることがないのですが、日本の秋の味覚を思い出させてくれてほっこりします。

甘くて後引く味です!

甘くて後引く味です!

そして、マデイラ島ならではのもう一つの付け合わせがこちら。

コーンミールのフリット(Milho frito)

コーンミールのフリット(Milho frito)

コーンミールと刻んだケール、ガーリック、オリーブオイルを混ぜて揚げた料理でなんとも素朴な味なのですが、癖になります。

 

次はデザートですが、私がハマっているのはパッションフルーツ(maracujá)が入ったもの。レストランに行くと、必ずと言っていいほどパッションフルーツのデザートがあります。プチプチとした食感と爽やかな香りが、どんなデザートにも不思議と合うのです。しかも、パッションフルーツの種にはビタミンやミネラルが豊富なので美容にも良いとのこと、嬉しいですね!

パッションフルーツのチーズケーキ

パッションフルーツのチーズケーキ

こちらは、バナナパッションフルーツと呼ばれる果物

こちらは、バナナパッションフルーツと呼ばれる果物

また、マデイラのバナナは小ぶりで甘く、毎朝食べたくなる味です。

フルーツの盛り合わせ。この並べ方は日本では見かけませんが、ポルトガルのレストランでは一般的です。

フルーツの盛り合わせ。この並べ方は日本では見かけませんが、ポルトガルのレストランでは一般的です。

現地のレストランでは今のところメニューで見たことはありませんが、郷土菓子として有名なのが蜂蜜ケーキと呼ばれる「ボーロ・デ・メル(Bolo de mel)」。蜜蜂のはちみつではなく、サトウキビから作る蜜を使ったお菓子です。アーモンドやドライフルーツ、シナモンなどがたっぷり入っています。マデイラ島でのサトウキビ栽培が始まったのは15世紀前半のことで、大西洋の島々の中で一番早かったそうです。ポルトガルの大航海時代の栄光を支えた大事な産業でもありました。そんな歴史を感じられるお菓子で、スーパーやお土産屋さん、空港などで購入することができます。

パッケージが可愛いボーロ・デ・メル(Bolo de mel)

パッケージが可愛いボーロ・デ・メル(Bolo de mel)

マデイラ島の美味しい食べ物、いかがでしたか。

まだまだ、紹介したい料理はありますが今回はこの辺りで。次回は飲物編でお送りします!

バックナンバー

RSS

  • 新着情報
    第66回 サクランボ狩りに行って来ました!

    6月はサクランボが美味しい季節です。この時期ポルトガルではスーパーやレストランでサクランボが売られています。

  • 新着情報
    第65回 ポルトガルで食べたい!美味しいタコ料理

    日本ではお馴染食材のタコ。ポルトガルをはじめ、スペインやイタリアなど南ヨーロッパでは普通に食べられています。

  • 第64回 緑豊かな北ポルトガル

    最近、友人の間での話題になっていることがあります。それが、北ポルトガルにあるペネダ・ジェレス国立公園(Peneda-Gerês)です。

  • 第63回 4月25日革命から見るポルトガルの歴史

    もうすぐ4月25日。
    皆さん、この日が何の日かご存知でしょうか。

  • 第62回 一度は行きたいポルトガルの劇場

    先日、ブラガにあるシルコ劇場(Theatro Circo)へ行って来ました。
    背伸びしすぎない雰囲気でちょうど良い規模の劇場です。

  • 第61回 人生そのものを歌ったファド

    ファドは、19世紀にポルトガルで生まれたと言われています。大衆民謡で自らの運命や宿命を歌っています。

  • 第60回 旅行中にも立ち寄りたい!ポルトガルのショッピングセンター

    ポルトガルのショッピングセンターは一般的に規模が大きく、映画館や大型スーパーも入っています。

  • 第59回 ポルトガルの乗り物たち

    ポルトガルではインフラが整っているので、車やタクシーに乗らなくても大体の場所には行くことができます。

  • 第58回 ロマンチックな町、オビドス

    ロマンチックな話題になると行きたくなる町があります。
    それが「オビドス Óbidos」です。別名『谷間の真珠』とも呼ばれています。

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: http://www.shop.filigranacomamor.com/
www.eleuteriojewels.com
E-mail:s.kiriyama@worldfiligranakk.com

■店長ブログトップはこちら→

https://www.m-portugal.jp/blog2/

 

■メルカード・ポルトガル・オンラインショップはこちら→

http://www.m-portugal.jp/

 

■ポルトガルジュエリー・オンラインショップ「フィリグラーナ・コン・アモール」はこちら→

http://www.shop.filigranacomamor.com/


■コラム「Portugal Lifestyle ポルトガル流、幸せなライフスタイル」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_life/

 

■コラム「毎日飲みたいポルトガルワイン」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_winenavi/

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 700円(商品合計8,000円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計8,000円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル 毛利健
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.