第51回 実は万能で簡単!ポルトガルのカタプラーナ鍋

実は万能で簡単!ポルトガルのカタプラーナ鍋

[2017.11.6]

東京で少しずつ増えてきたポルトガル料理のレストラン。

私の知る限り10軒はあります。ポルトガル好きとしてはとても嬉しいです!

この調子で日本各地にポルトガル料理が広まっていくといいですね。

 

既にポルトガル料理のレストランに行かれた方は、ちょっと不思議なこんな鍋を見たことがあるかもしれません。

UFOの様な形の鍋

UFOの様な形の鍋

そう、これが本日のテーマ「カタプラーナ鍋」です。

 

真ん中が開くようになっている鍋で、上下が同じような円盤型をしています。

中に入れる具材などから出る水蒸気を蓋の上部に回るようにし、鍋全体に熱が回ることで蒸していきます。素材には銅が最も多く使われています。日本のしゃぶしゃぶ鍋も銅で出来ていることが多いですが、実は銅は熱伝導率が他の素材より高いため、短い時間で調理できるのです。「わからなければ銅の鍋を使えば大丈夫」と言われる程です。

 

でもちょっと不思議なことに、ポルトガル料理の多くは「蒸す」よりも「オーブンで焼く」ことや「茹でる」ことが多いのです。そこで、なぜこのカタプラーナ鍋が誕生したのか気になって調べてみました。

 

実はこのカタプラーナ鍋の起源は、ポルトガル南部のアルガルヴェ地方にあります。そのため、リスボンのレストランでは観光客向けに出しているところもありますが、北部ではほとんど見ることがありません。

 

アルガルヴェ地方では、その昔、アラブ人の影響を大きく受けました。ヨーロッパよりもアフリカの方が近かったため、13世紀頃までは「イベリア半島はどちらかと言うとアフリカ」とイギリスやフランスなどの国々からは思われていたそうです。そのため、食や建築物もアラブ文化の面影を見ることができます。そのひとつがこのカタプラーナ鍋です。

 

数年前、日本でもヒットした「タジン鍋」。

素材や形は違いますが、料理方法の基本はカタプラーナ鍋と似ています。どちらも少しのエネルギーで必要な熱を加えることができる、しかもヘルシーな料理が簡単にできる調理器具なのです。

 

カタプラーナ鍋は、13世紀から14世紀には既にその原型となる鍋が存在していたそうです。当時は亜鉛製もあったそうですが、銅職人の技術力の向上から銅製品が増えていきました。ちなみに日本のしゃぶしゃぶ鍋は、19世紀に誕生したものらしいですが、元々はモンゴルから中国北京に伝わった羊肉しゃぶしゃぶが起源の様です。日本もポルトガルも大国から色々な文化を吸収していったことが分かりますね。

 

さて、一見、料理上級者向けのツールに見えるカタプラーナ鍋。

でも、すでにお話ししてきたように、この鍋は料理が簡単にできる優れものなのです。

野菜と魚介の旨味がぎゅっと凝縮した定番の組み合わせ(リスボンのレストランにて)

野菜と魚介の旨味がぎゅっと凝縮した定番の組み合わせ(リスボンのレストランにて)

カタプラーナ鍋の定番の具材としては、「エビやムール貝+トマトなどの野菜」「タラ+ジャガイモやトマトなどの野菜」「あさりと豚肉+ジャガイモ」などです。特に白身魚は、ふっくらと美味しく出来上がります。

 

例えば白身魚やエビ、野菜のカタプラーナを作る場合は、火をつける前に鍋にエビ以外の具材を並べます。オリーブオイル→スライスしたタマネギ・トマト・パプリカ・ニンニクなどの野菜→トマトペースト→白身魚→さらにもう一度、スライスしたタマネギやトマトを、順番に重ねていきます。そして、ローリエや塩コショウ、白ワインを加えて蓋をします。5分程鍋を熱したら、エビを加えます。この時、鍋は熱くなっているので気を付けてくださいね。そして、蓋をしてさらに5分程中火にかけて、出来上がりです。

テーブルで蓋を開ければ、食卓がもっと楽しくなります

テーブルで蓋を開ければ、食卓がもっと楽しくなります

まるで貝塚…さすがのポルトガル。豪快です。

まるで貝塚…さすがのポルトガル。豪快です。

エビとムール貝の組み合わせは、見た目にも鮮やか。(イベロアメリカーナ Cafe y Bar IberoAmericanaさんポルトガルイベントにて)

エビとムール貝の組み合わせは、見た目にも鮮やか。(イベロアメリカーナ Cafe y Bar IberoAmericanaさんポルトガルイベントにて)

カタプラーナ鍋はお肉も柔らかくしちゃいます。(イベロアメリカーナ Cafe y Bar IberoAmericanaさんポルトガルイベントにて)

カタプラーナ鍋はお肉も柔らかくしちゃいます。(イベロアメリカーナ Cafe y Bar IberoAmericanaさんポルトガルイベントにて)

ちょっと珍しい形のカタプラーナ鍋。

好きな食材と調味料を合わせて蓋をするだけ、とっても簡単に出来上がります。ポルトガル料理だけではなく、おでんや肉じゃがなど和食も美味しく出来そうですね。

こちらでもご購入できますので、是非チェックしてみて下さいね。

 

次回はポルトガルよりお届けする予定です。

お楽しみに!

バックナンバー

RSS

  • NEW
    新着情報
    第52回 ポルトガルの秋冬の風物詩と言えば、焼き栗!

    10月頃からポルトガルの街中でよく見かける焼き栗。
    特にリスボンの中心地では、至るところでモクモクと煙が上がっています。

  • 新着情報
    第51回 実は万能で簡単!ポルトガルのカタプラーナ鍋

    既にポルトガル料理のレストランに行かれた方は、ちょっと不思議なこんな鍋を見たことがあるかもしれません。

  • 第50回 大西洋の真珠「マデイラ島」

    2015年の夏にスタートしたこちらのコラムですが、今回で第50回目を迎えました!

  • 第49回 ポルトガル料理に欠かせない食材、ジャガイモ

    ポルトガルの主食と言える食べ物をご紹介します。

  • 第48回 食材から日常品まで、地元密着型の市場が楽しい!

    みんな大好きな市場。
    旅行するなら一度はのぞいてみたいですよね。

  • 第47回 可愛いドアがいっぱい!ポルトガルの家

    ポルトガルで街歩きをするときに、私がついつい見てしまうのが、「家のドア」です。
    アパートなど小さいお家でも、可愛らしい装飾がされています。

  • 第46回 ポルト郊外の町、ヴィラ・ド・コンデ

    ポルトガルの中でも歴史のある町、ヴィラ・ド・コンデ(Vila do conde)。
    大西洋に面していて、町にはアヴェ川が優雅に流れています。
    ポルトの歴史地区からメトロに乗ると、40分くらいで到着します。
    メトロの駅から町の中心へ歩き始めると、長ーい水道橋が見えてきます。

  • 第45回 ポルトガルのおやつタイム、ランシェ

    ポルトガルの町を歩いていると、至る所にカフェがあります。
    大都市でも小さい村でも、カフェのショーケースにはポルトガルらしいお菓子がずらーっと並んでいます。

  • 第44回 わくわくが止まらない、ポルトガルの石の村

    不思議な魅力がある村、「リニャーレス・ダ・ベイラ(Linhares da Beira)」とポルトガルの石文化についてお伝えします。

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: http://www.shop.filigranacomamor.com/
www.eleuteriojewels.com
E-mail:s.kiriyama@worldfiligranakk.com

■店長ブログトップはこちら→

https://www.m-portugal.jp/blog2/

 

■メルカード・ポルトガル・オンラインショップはこちら→

http://www.m-portugal.jp/

 

■ポルトガルジュエリー・オンラインショップ「フィリグラーナ・コン・アモール」はこちら→

http://www.shop.filigranacomamor.com/


■コラム「Portugal Lifestyle ポルトガル流、幸せなライフスタイル」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_life/

 

■コラム「毎日飲みたいポルトガルワイン」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_winenavi/

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 650円(商品合計7,100円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計7,100円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル 毛利健
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.