第50回 大西洋の真珠「マデイラ島」

大西洋の真珠「マデイラ島」

[2017.10.20]

2015年の夏にスタートしたこちらのコラムですが、今回で第50回目を迎えました!

「ジャンルを問わず、ポルトガルの様々なトピックを紹介してください」というお声をかけて下さったメルカード・ポルトガルさん、心から感謝しております。ありがとうございます!そして、ここまで読んでくださった読者の皆さまにもお礼申し上げます。「いつも楽しみにしていますよ」と声をかけて頂けることがとても嬉しく、ポルトガルの今を紹介し続ける私の原動力になっています。これからもどうぞよろしくお願いします!

 

さて、節目の回はちょっとテーマに迷いました。

私の原点であるポルトガル北部を紹介するか、今年出会った新しい発見をご紹介するか…どちらが適しているだろうということで考えました。

 

出した答えは、「今年出会った新しい発見をご紹介する」です。

私がポルトガルと一緒に実現していきたいことは、まだまだ始まったばかりです。正直、原点回帰するにはちょっと早いかな、という気持ちになりました。

 

そこで本日は、今年初めて訪問した「マデイラ島」について紹介します。

 

「大西洋の真珠」と呼ばれるマデイラ島は、首都リスボンから南西約1000kmに位置します。どちらかというとアフリカ大陸に近く、モロッコ西方の大西洋に浮かんでいます。

この深い海の色、いかがでしょうか。私はこんなディープな青、生まれて初めて見た気がします。

この深い海の色、いかがでしょうか。私はこんなディープな青、生まれて初めて見た気がします。

長年マデイラ島で働いているポルト出身の友人は、「ポルトに戻ってくるのは嬉しいのだけど、やっぱりあの島が自分のことを呼んでいるんだ」と会うたびに言います。

今年、とても素敵なお仕事のご縁を頂き、マデイラ島に行くことができました。ずっと私の心の中に残っていた彼の言葉が、やっと理解できた気がします。

 

マデイラ空港の滑走路は以前とても短く、1964年には1,600mしかありませんでした。1986には200m延長されますが、それでも短く、2000年にさらに延長し現在の2,781 mになりました。この時採用されたのが、埋め立て方法ではなく、柱を海に立てて上に滑走路を造る方法でした。滑走路が、70mの柱180本で支えられているという世界的にも珍しい空港として知られています。

飛行機から見える風景もこの通り。

まるで海の上にいるよう。すぐそこが海です。

まるで海の上にいるよう。すぐそこが海です。

マデイラらしいカラフルな花も、町を彩ります。

マデイラらしいカラフルな花も、町を彩ります。

琥珀色から黄金色のまるで宝石のように美しいワインです。

琥珀色から黄金色のまるで宝石のように美しいワインです。


さて、「マデイラ」と聞くと「マデイラワイン」を思い出す方も多いのではないでしょうか。

 

ポルトガル人がマデイラ島を開拓し始めた15世紀には、すでにワイン生産が始まっていた!という、実はとても長い歴史を持つワインです。

 

今回マデイラを訪れて感じたのが食の豊かさ。

ワインをはじめ、海鮮や果物、穀物など目にも楽しい食べ物が多かったです。

お薦めは甘いマデイラバナナ!

市場では新鮮な魚がずらり。

市場では新鮮な魚がずらり。

レストランでは食材から選んで料理してもらえます。

レストランでは食材から選んで料理してもらえます。

こちらは、ボーロ・ド・カコ(bolo do caco)通称カコパンのサンド。

こちらは、ボーロ・ド・カコ(bolo do caco)通称カコパンのサンド。

ボーロ・ド・カコとは、サツマイモを練りこんだマデイラ島伝統のパンです。本土ではなかなかお目にかかれないのですが、私はとても好きです。

 

さて、マデイラ島にも昔から職人が丁寧に作り上げる手仕事があります。

それがこちら、マデイラ刺繍です。

老舗ブランド・ボルダル(Bordal)の店頭では、職人の女性が作業をしていました。

老舗ブランド・ボルダル(Bordal)の店頭では、職人の女性が作業をしていました。

ひとつひとつ手で描かれたデザイン。

ひとつひとつ手で描かれたデザイン。


老舗ブランド・ボルダル(Bordal)の店頭では、職人の女性が作業をしていました。
 
優しい素材と色使いが素敵で、お祝いなどの贈り物としても親しまれてきた刺繍です。
 
工房の中を見せていただくことができました。
この子供服コーナーがとにかく可愛く、ついつい購入したくなってしまいます!

この子供服コーナーがとにかく可愛く、ついつい購入したくなってしまいます!

こんな洋服に包まれて育ったら、優しい子になりそうですね。今回の訪問で出会ったマデイラの方々は、みんなのんびりと大らかでした。そして誰もがあるスーパースターを誇りに思っていると感じました。それが、マデイラ島で忘れてはいけないこの方。

そう、もちろんクリスティアーノ・ロナウド選手。

そう、もちろんクリスティアーノ・ロナウド選手。

彼のこれまでの功績を讃えて、今年マデイラ空港をマデイラ・クリスティアーノ・ロナウド空港に改称したほどです。

空港には、笑顔のクリスティアーノ・ロナウド選手。ちょっとはにかんでいる様な顔。

空港には、笑顔のクリスティアーノ・ロナウド選手。ちょっとはにかんでいる様な顔。

ホテル内のトイレは、ちょっと照れます。

ホテル内のトイレは、ちょっと照れます。


2016年にはマデイラのラグジュアリーホテルチェーン・ペスターナグループと組んで、フンシャルにホテルCR7を開業。選手として全盛期の今から将来を見据えて動くクリスティアーノ・ロナウド選手。トップに立つ人だからこそ、批判されることも多いと思いますが、私はやはり憧れています。いつかトークショーとかあれば行ってみたいです。

マデイラ島の魅力はこれからもっと発見していきたいと思います。

 

こうして、ついにポルトガルの「島」デビューをしたので、これを機会により多くの面からポルトガルをお伝えしていきたいと思います。

 

みなさま、これからもどうぞよろしくお願いします!

バックナンバー

RSS

  • NEW
    新着情報
    第52回 ポルトガルの秋冬の風物詩と言えば、焼き栗!

    10月頃からポルトガルの街中でよく見かける焼き栗。
    特にリスボンの中心地では、至るところでモクモクと煙が上がっています。

  • 新着情報
    第51回 実は万能で簡単!ポルトガルのカタプラーナ鍋

    既にポルトガル料理のレストランに行かれた方は、ちょっと不思議なこんな鍋を見たことがあるかもしれません。

  • 第50回 大西洋の真珠「マデイラ島」

    2015年の夏にスタートしたこちらのコラムですが、今回で第50回目を迎えました!

  • 第49回 ポルトガル料理に欠かせない食材、ジャガイモ

    ポルトガルの主食と言える食べ物をご紹介します。

  • 第48回 食材から日常品まで、地元密着型の市場が楽しい!

    みんな大好きな市場。
    旅行するなら一度はのぞいてみたいですよね。

  • 第47回 可愛いドアがいっぱい!ポルトガルの家

    ポルトガルで街歩きをするときに、私がついつい見てしまうのが、「家のドア」です。
    アパートなど小さいお家でも、可愛らしい装飾がされています。

  • 第46回 ポルト郊外の町、ヴィラ・ド・コンデ

    ポルトガルの中でも歴史のある町、ヴィラ・ド・コンデ(Vila do conde)。
    大西洋に面していて、町にはアヴェ川が優雅に流れています。
    ポルトの歴史地区からメトロに乗ると、40分くらいで到着します。
    メトロの駅から町の中心へ歩き始めると、長ーい水道橋が見えてきます。

  • 第45回 ポルトガルのおやつタイム、ランシェ

    ポルトガルの町を歩いていると、至る所にカフェがあります。
    大都市でも小さい村でも、カフェのショーケースにはポルトガルらしいお菓子がずらーっと並んでいます。

  • 第44回 わくわくが止まらない、ポルトガルの石の村

    不思議な魅力がある村、「リニャーレス・ダ・ベイラ(Linhares da Beira)」とポルトガルの石文化についてお伝えします。

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: http://www.shop.filigranacomamor.com/
www.eleuteriojewels.com
E-mail:s.kiriyama@worldfiligranakk.com

■店長ブログトップはこちら→

https://www.m-portugal.jp/blog2/

 

■メルカード・ポルトガル・オンラインショップはこちら→

http://www.m-portugal.jp/

 

■ポルトガルジュエリー・オンラインショップ「フィリグラーナ・コン・アモール」はこちら→

http://www.shop.filigranacomamor.com/


■コラム「Portugal Lifestyle ポルトガル流、幸せなライフスタイル」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_life/

 

■コラム「毎日飲みたいポルトガルワイン」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_winenavi/

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 650円(商品合計7,100円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計7,100円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル 毛利健
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.