第49回 ポルトガル料理に欠かせない食材、ジャガイモ

ポルトガル料理に欠かせない食材、ジャガイモ

[2017.10.6]

これまでにコラムでは、ポルトガル料理の主食として「米」「パン」を紹介しました。

どちらもポルトガルの食卓には欠かせない食材ですが、今回はもう一つ、ポルトガルの主食と言える食べ物をご紹介します。

 

それが、こちら「ジャガイモ(Batata)」です。

ジャガイモの皮をむき切る作業は、量が多いと大変です。写真は5人家族分です。

ジャガイモの皮をむき切る作業は、量が多いと大変です。写真は5人家族分です。

ポルトガルの友人宅にお邪魔する時、私の担当は野菜の準備。

ポルトガル料理ではこのようにたくさんのジャガイモを使います。

 

レストランで食事をするときも、ほとんどの場合付け合わせにジャガイモかお米が運ばれてきます。それほどポルトガル人にはなじみ深い食材なのです。

 

元々、ジャガイモは紀元前からペルーなどの南米で栽培されていましたが、16世紀に入りスペインをはじめヨーロッパに持ち込まれました。ただ、当時は一般家庭の料理には普及されず実際広まったのはそれからしばらく後のことでした。戦争により食糧危機に陥ったフランスでルイ16世の命によりジャガイモの栽培が推進され、徐々に広まり一般市民の重要な食料源になったようです。

ポルトガルでもその流れを受けましたが、少しずつジャガイモを使ったレシピが出てきたのは19世紀になった頃でした。現在のように様々な調理法が浸透したのは20世紀に入ってからとのことです。

 

さて、ポルトガルでお馴染の色々な調理方法をご紹介したいと思います。

 

まずは根強い人気を誇る「揚げ」

英語で言うところのフライドポテトですが、多くの家庭やレストランではジャガイモをカットし素揚げしています。冷凍のフライドポテトよりも、1つずつ切った方が形もまばらですが、それが家庭的で良いそうです。

家庭でもこの通り、油用の鍋で一度に揚げます。

家庭でもこの通り、油用の鍋で一度に揚げます。

メイン(この場合は干だら)が見えなくなるぐらいのポテトの量

メイン(この場合は干だら)が見えなくなるぐらいのポテトの量

もはや付け合わせという量ではありませんが、これがポルトガルっぽいのです。

こちらは家庭料理の人気店。ボリューム満点の一皿。

こちらは家庭料理の人気店。ボリューム満点の一皿。

いかにもお母さんが調理しました!という感じのポテトの切り方。なんだか愛情までもらえる気がします。

B級グルメの定番、フランセジーニャにもフライドポテトはお約束です

B級グルメの定番、フランセジーニャにもフライドポテトはお約束です

フランセジーニャの付け合わせは、日本でも一般的な細いタイプのポテトが多いです。

 

そして、「揚げ」の次に人気なのは「焼き」ではないでしょうか。

オーブンで焼く料理が多いポルトガルですが、ジャガイモもオリーブオイルと一緒にじっくり時間をかけて焼き上げます。これが本当に美味しいのです!私もとても好きです。

干しダラや野菜と一緒に焼き上げたバカリャウ・コン・ブロア(Bacalhau com Broa)

干しダラや野菜と一緒に焼き上げたバカリャウ・コン・ブロア(Bacalhau com Broa)

オーブンでじっくり焼くと、外はカリッと中はほっくりとなります。絶品です!

このようなオーブン焼きのジャガイモは、バタータス・ア・ムーロ(Batatas a Murro)と呼ばれています。切り込みを入れて、わざとつぶれたような形になっているのです。

 

付け合わせとして作りやすいのは、「茹で」ですが、ポルトガルでもよく出されます。ニンジンやインゲンなどと一緒に茹でて、塩やオリーブオイルをかけて食べることが一般的です。

クリスマスディナーの様子。クリスマスには茹でたジャガイモが干しダラのお供です。

クリスマスディナーの様子。クリスマスには茹でたジャガイモが干しダラのお供です。

「茹で」の次は、「煮込み」。

お肉の煮込み料理などでは一緒に煮込むこともあり、日本で言う肉じゃがの様な感じでしょうか。味がしっかりしみ込んでいて美味しいので、ぱくぱくと食べてしまいます。

こちらはウサギ肉の煮込みに合わせて。

こちらはウサギ肉の煮込みに合わせて。

チキンの旨味がじっくりしみ込んだ煮込みも。

チキンの旨味がじっくりしみ込んだ煮込みも。

その他にも、マッシュポテトにしたり他の食材とよく混ぜて使ったり、とにかく多種多様なジャガイモの調理法があります。

マッシュポテト

マッシュポテト

みんな大好き干しダラの卵とじ(バカリャウ・ア・ブラシュBacalhau à Brás)

みんな大好き干しダラの卵とじ(バカリャウ・ア・ブラシュBacalhau à Brás)

こちらもみんな大好き干しダラコロッケ(パステル・デ・バカリャウPastel de Bacalhau)

こちらもみんな大好き干しダラコロッケ(パステル・デ・バカリャウPastel de Bacalhau)

最後にご紹介したいのが「スープ(ソパSopa)」

ポルトガルでは毎日食べる人もいるほど浸透しているスープ。

具がゴロゴロしているスープはほとんどなく、すべての具がピューレ状になっています。そのベースに入っているのがジャガイモです。ジャガイモ・ニンジン・タマネギ・ニンニク・オリーブオイルの配合を少しずつ替え、スープのメインとなる食材を加えて作っているスープが多いのです。

このようなピューレ状のスープが一般的。

このようなピューレ状のスープが一般的。

忙しいお母さんの味方、スープが簡単にできるマシーンも人気です。

忙しいお母さんの味方、スープが簡単にできるマシーンも人気です。

ポルトガル料理の主食「ジャガイモ」、いかがでしたか。

写真を見ているだけでもボリューム満点でお腹いっぱいになってしまいますね。

 

食べたらお腹が苦しくなるのはわかっているけど、ついつい食べてしまうジャガイモ。ポルトガル料理の魅力の1つと言っても過言ではありません。

 

それではまた次回!

バックナンバー

RSS

  • 新着情報
    第66回 サクランボ狩りに行って来ました!

    6月はサクランボが美味しい季節です。この時期ポルトガルではスーパーやレストランでサクランボが売られています。

  • 新着情報
    第65回 ポルトガルで食べたい!美味しいタコ料理

    日本ではお馴染食材のタコ。ポルトガルをはじめ、スペインやイタリアなど南ヨーロッパでは普通に食べられています。

  • 第64回 緑豊かな北ポルトガル

    最近、友人の間での話題になっていることがあります。それが、北ポルトガルにあるペネダ・ジェレス国立公園(Peneda-Gerês)です。

  • 第63回 4月25日革命から見るポルトガルの歴史

    もうすぐ4月25日。
    皆さん、この日が何の日かご存知でしょうか。

  • 第62回 一度は行きたいポルトガルの劇場

    先日、ブラガにあるシルコ劇場(Theatro Circo)へ行って来ました。
    背伸びしすぎない雰囲気でちょうど良い規模の劇場です。

  • 第61回 人生そのものを歌ったファド

    ファドは、19世紀にポルトガルで生まれたと言われています。大衆民謡で自らの運命や宿命を歌っています。

  • 第60回 旅行中にも立ち寄りたい!ポルトガルのショッピングセンター

    ポルトガルのショッピングセンターは一般的に規模が大きく、映画館や大型スーパーも入っています。

  • 第59回 ポルトガルの乗り物たち

    ポルトガルではインフラが整っているので、車やタクシーに乗らなくても大体の場所には行くことができます。

  • 第58回 ロマンチックな町、オビドス

    ロマンチックな話題になると行きたくなる町があります。
    それが「オビドス Óbidos」です。別名『谷間の真珠』とも呼ばれています。

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: http://www.shop.filigranacomamor.com/
www.eleuteriojewels.com
E-mail:s.kiriyama@worldfiligranakk.com

■店長ブログトップはこちら→

https://www.m-portugal.jp/blog2/

 

■メルカード・ポルトガル・オンラインショップはこちら→

http://www.m-portugal.jp/

 

■ポルトガルジュエリー・オンラインショップ「フィリグラーナ・コン・アモール」はこちら→

http://www.shop.filigranacomamor.com/


■コラム「Portugal Lifestyle ポルトガル流、幸せなライフスタイル」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_life/

 

■コラム「毎日飲みたいポルトガルワイン」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_winenavi/

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 700円(商品合計8,000円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計8,000円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル 毛利健
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.