第47回 可愛いドアがいっぱい!ポルトガルの家

可愛いドアがいっぱい!ポルトガルの家

[2017.09.06]

ポルトガルの長い夏休みも終わり、9月になりました。

少しずつ通常モードに戻っているポルトガル。

日本の様にシルバーウィークなど秋の連休がないので、次の長期休暇はクリスマスです。ポルトガルの皆さん、頑張ってくださいね!

 

さて、この夏休みは私の周りでもポルトガルに行かれた方が何人かいました。

皆さん、きっとポルトガルの夏を満喫したことだと思います!

ポルトガルで街歩きをするときに、私がついつい見てしまうのが、「家のドア」です。

アパートなど小さいお家でも、可愛らしい装飾がされています。

 

私の経験上、よく見るタイプがこちらのような緑のドア。

こんなドアを見れば、ポルトガル!とピンとくる人もいるのではないでしょうか。

こんなドアを見れば、ポルトガル!とピンとくる人もいるのではないでしょうか。

四角くて縦長、両開きのドアです。

開き具合がちょっと小さいので1人通るのがやっと、なんてこともよくあります。

素材は木製だったり、スチールだったり。

緑によく映える白い装飾がされていることが多く、自然の色合いが素敵です。

高い位置に窓があることも。こちらは片開きです。

高い位置に窓があることも。こちらは片開きです。

扉の外枠が、石でできているのも趣がありますね。

 

次によく見るのが、木の風合いをそのまま活かしたタイプ。

なんだか歴史を感じる重厚感があります。

なんだか歴史を感じる重厚感があります。

こちらも四角く縦長で、両開きのドアです。窓のところにはレースがかけられています。

ちなみに、ポルトガルの郵便局のマークは馬にまたがりラッパを吹く人です。

ヨーロッパの国々でよく使われるホルンだけのマークとは少しだけ違うのですが、いずれにしても平和の象徴であるようです。このお宅はあえてホルンマークを選んだのかもしれませんね。

こちらは家族経営レストランの玄関

こちらは家族経営レストランの玄関

写真右側に、馬に乗った人のマークがありますね。これがポルトガルの郵便局マークです。

こちらのドアも木製で素敵ですが、やはり目を引くのが周りのアズレージョ(ポルトガルタイル)。美しいお花の様な模様と、青と黄色の色合わせが温かい雰囲気を出しています。

こちらのお家は壁全体をアズレージョで飾っています。

こちらのお家は壁全体をアズレージョで飾っています。

アズレージョについては、こちらでも紹介していますのでのぞいてみて下さいね。

 

さて、ここまでの写真をよく見ると、ドアの上に番号が書かれているのが分かると思います。これは、もちろん家の番号なのですが、並び方に規則があります。

それは道を挟んで片側は奇数、もう片側は偶数となっていることです。ポルトガルの道にはほとんどストリート名があります。田舎の小さい道にもちゃんと名前がついています。

例えば探しているホテルが、「Rua Da Vitória, 8」となっている場合は、Vitória通りの偶数側だけを見て探せばいいのです。ストリート名さえ見つかれば、簡単に目的地にたどり着けるのです。

 

これまで紹介した緑色や木の風合いを活かしたドアは、ポルトガル北部に多くみられます。

ポルトガル発祥の地とも言われるギマランイスでも、町の広場のお家はこんな感じです。

ギマランイスのサンティアゴ広場に並ぶ家々。

ギマランイスのサンティアゴ広場に並ぶ家々。

また、昔の貴族の邸宅などは今でも立派な門が残っていますが、こちらも緑色が多いです。

とっても立派ですね。地方をドライブしていると突然こんなお家に出会ったりします。

とっても立派ですね。地方をドライブしていると突然こんなお家に出会ったりします。

また、南の方に行くと、可愛らしく青や赤に塗られたドアにも出会います。

白い壁と赤いドア。ポルトガルの青い空によく映えます。

白い壁と赤いドア。ポルトガルの青い空によく映えます。

番外編ではありますが、アヴェイロのお家はこの通り。

まるでキャンディーの様なポップなお家とドアです。

まるでキャンディーの様なポップなお家とドアです。

小さめで四角くて、なんだか可愛らしい。

そんなポルトガルのドア、いかがでしたか。

 

街歩きのひとつの楽しみとして参考にしてみて下さい。

それではまた次回!

バックナンバー

RSS

  • NEW
    新着情報
    第52回 ポルトガルの秋冬の風物詩と言えば、焼き栗!

    10月頃からポルトガルの街中でよく見かける焼き栗。
    特にリスボンの中心地では、至るところでモクモクと煙が上がっています。

  • 新着情報
    第51回 実は万能で簡単!ポルトガルのカタプラーナ鍋

    既にポルトガル料理のレストランに行かれた方は、ちょっと不思議なこんな鍋を見たことがあるかもしれません。

  • 第50回 大西洋の真珠「マデイラ島」

    2015年の夏にスタートしたこちらのコラムですが、今回で第50回目を迎えました!

  • 第49回 ポルトガル料理に欠かせない食材、ジャガイモ

    ポルトガルの主食と言える食べ物をご紹介します。

  • 第48回 食材から日常品まで、地元密着型の市場が楽しい!

    みんな大好きな市場。
    旅行するなら一度はのぞいてみたいですよね。

  • 第47回 可愛いドアがいっぱい!ポルトガルの家

    ポルトガルで街歩きをするときに、私がついつい見てしまうのが、「家のドア」です。
    アパートなど小さいお家でも、可愛らしい装飾がされています。

  • 第46回 ポルト郊外の町、ヴィラ・ド・コンデ

    ポルトガルの中でも歴史のある町、ヴィラ・ド・コンデ(Vila do conde)。
    大西洋に面していて、町にはアヴェ川が優雅に流れています。
    ポルトの歴史地区からメトロに乗ると、40分くらいで到着します。
    メトロの駅から町の中心へ歩き始めると、長ーい水道橋が見えてきます。

  • 第45回 ポルトガルのおやつタイム、ランシェ

    ポルトガルの町を歩いていると、至る所にカフェがあります。
    大都市でも小さい村でも、カフェのショーケースにはポルトガルらしいお菓子がずらーっと並んでいます。

  • 第44回 わくわくが止まらない、ポルトガルの石の村

    不思議な魅力がある村、「リニャーレス・ダ・ベイラ(Linhares da Beira)」とポルトガルの石文化についてお伝えします。

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: www.filigranacomamor.com
www.eleuteriojewels.com
E-mail:s.kiriyama@worldfiligranakk.com

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 650円(商品合計7,100円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計7,100円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル 毛利健
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.