第43回 一度は行ってみたい!豪華なフランチャイズ店

一度は行ってみたい!豪華なフランチャイズ店

2017.6.29

みなさん、こんにちは。

先日ポルトガルより帰国しました。

今回も色々な出会いがありましたので、少しずつお伝えしていきたいと思います。

 

先週末はファミリーセールが開催されました。お越し頂いた皆さま、ありがとうございました。「いつもコラム見ていますよ!」とお声かけて下さる方がいらっしゃり、とても嬉しかったです。これからもポルトガルで見つけた面白いこと・もの、素敵だなと感じた出来事など、私なりにご紹介していきたいと思います。よろしくお願いします!

 

さて、ポルトガルにはたくさんのカフェがありますが、日本と大きく違うのは「カフェで仕事をしている人が少ない」ということ。リスボンでは「電源・Wifiあり」というカフェも増えてはきていますが、やっぱりカフェはリラックスするところ。パソコンを開いている人はほとんど見かけません。

 

でも、どうしても仕事をしなければいけないことがあります。

そんな時、私が駆け込むのはやはりスターバックスコーヒー。

 

ポルトガルではフランチャイズのカフェが進出しづらいようで、2016年時点で11店舗だけ。ちなみに日本には、スターバックスが約1040店舗あるそうです(2017年現在)。

 

ポルトガルの街を歩いていると、日本より多くのカフェを目にする気がするので、やはり海外のコーヒーチェーンが入っていく余地はないのだろうなと思います。

そのため、観光地や外国人が多く住む地域にしかありません。

 

今回ご紹介したいのが、リスボンの中心地にあるこちらのスターバックス。

美しい外観のスターバックス

美しい外観のスターバックス

ロシオ駅の中にあります

ロシオ駅の中にあります

お客さんのほとんどが観光客か外国人です。店員さんの多くが英語で接客しています。

日本よりドリンクメニューの数は少なめです。

ショーケースにはパステル・デ・ナタ(エッグタルト)とケイジャーダ(チーズタルト)。さすがポルトガルです。

ショーケースにはパステル・デ・ナタ(エッグタルト)とケイジャーダ(チーズタルト)。さすがポルトガルです。

ショップ: Starbucks Rossio

住所: Estação do Rossio Lisboa 1200-147

 

ポルトガルでは歴史的建築物を惜しみなく利用した商業施設がいくつもあります。

もちろん賛否あると思いますが、少し特別な気分にさせてくれるので私はたまに行きます。

 

このスターバックスの他に、優雅な空間を提供するファストフードがあります。

それがポルトにあるマクドナルドです。

堂々たる鷹が迎えてくれるマクドナルド

堂々たる鷹が迎えてくれるマクドナルド

その名も、「マクドナルド・インペリアル(McDonald's Imperial)」!

ポルトっ子が集まるアリアドス通りにあります。

 

世界一美しいマクドナルドとしてはハンガリーが有名ですが、

ポルトでは「ここは世界一豪華なマクドナルド」と誇らしげに言う人もいます。

実は1930年代の建物をリノベーションしており、アールデコ調の雰囲気ある空間になっています。

店内にはシャンデリア

店内にはシャンデリア

落ち着いたレストランにいる様な気分で、ハンバーガーを食べるのも面白いです。

マックカフェも併設されていますが、ケーキやマカロンがショーケースに並び、こちらもお洒落なカフェの様です。

朝や夕方、夜はこちらのマックカフェの利用客も多めです。

朝や夕方、夜はこちらのマックカフェの利用客も多めです。

ポルトガルの朝マックは、一般的なカフェと同じようなメニュー

ポルトガルの朝マックは、一般的なカフェと同じようなメニュー

マックサンデーと優雅な空間がちょっとミスマッチ…。

マックサンデーと優雅な空間がちょっとミスマッチ…。

ちなみにポルトガルのマクドナルドでは、このパネルで注文するのが一般的。

タッチパネル式で精算までここで行います。

タッチパネル式で精算までここで行います。

ファストフードよりもスローなポルトガル料理を好むポルトガル人。

マクドナルドでもヘルシーをコンセプトに、サラダやスープのメニューを充実させています。お値段も日本より少し高めです。

サラダを頼むと可愛いサイズのビネガーやオリーブオイルを選べます。

サラダを頼むと可愛いサイズのビネガーやオリーブオイルを選べます。

ショップ:McDonald's Imperial

住所:Praça da Liberdade, 126, Porto, 4000-322

 

海外にいる時は、フランチャイズ店へ行く機会がないかもしれません。

でも、日本と同じものが違う視点で楽しめるので、結構面白いですよ。

 

もし機会があれば一度は行ってみて下さいね。

それでは、また次回!

ではまた次回!

バックナンバー

RSS

  • NEW
    新着情報
    第56回 美味しすぎるマデイラ島!食べ物編

    相変わらずポルトガルは私の知的好奇心をくすぐってくれます。まだまだ知らないことがたくさんあるのです。

  • 新着情報
    第55回 ポルトガル誕生の地、ギマランイス(Guimarães)

    初代ポルトガル王が生誕した地であり、ポルトガル誕生の地として大切にされているギマランイス(Guimarães)。

  • 新着情報
    第54回 昔から愛されてきたポルトガルのスープ

    ポルトガルの食卓に欠かせない食べ物。それが、スープ(Sopa)です。

  • 第53回 リスボンで立ち寄りたい!世界が注目する水族館

    世界水族館ランキングがあるのですが、そこで堂々1位(2017年)に輝いている水族館を皆さんご存知ですか。

  • 第52回 ポルトガルの秋冬の風物詩と言えば、焼き栗!

    10月頃からポルトガルの街中でよく見かける焼き栗。
    特にリスボンの中心地では、至るところでモクモクと煙が上がっています。

  • 第51回 実は万能で簡単!ポルトガルのカタプラーナ鍋

    既にポルトガル料理のレストランに行かれた方は、ちょっと不思議なこんな鍋を見たことがあるかもしれません。

  • 第50回 大西洋の真珠「マデイラ島」

    2015年の夏にスタートしたこちらのコラムですが、今回で第50回目を迎えました!

  • 第49回 ポルトガル料理に欠かせない食材、ジャガイモ

    ポルトガルの主食と言える食べ物をご紹介します。

  • 第48回 食材から日常品まで、地元密着型の市場が楽しい!

    みんな大好きな市場。
    旅行するなら一度はのぞいてみたいですよね。

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: www.filigranacomamor.com
www.eleuteriojewels.com
E-mail:s.kiriyama@worldfiligranakk.com

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 650円(商品合計7,100円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計7,100円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル 毛利健
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.