第41回 祈りの町、ブラガ

祈りの町、ブラガ

2017.5.31

皆さま、こんにちは!

 

徐々にポルトガルへ行く方が増えていて、「次の旅行はポルトガルを考えています!」という嬉しい声がよく聞こえてくるようになりました。

中には「2回目になるのですが、おすすめの町はありますか」と聞いて下さる方もいます。

 

ポルトガルの国土は日本の4分の1ほどですが、縦に長く、地域によって違いが結構あります。

 

「ブラガは祈り、ポルトは働き、コインブラは学び、リスボンは遊ぶ」

 

ポルトガルにはこんな言葉があるほどです。それぞれの町の特徴をよく表した言葉ですね。

もちろん、リスボンは首都なので経済の中心ですが、ポルトや北部には様々な産業があることから「ポルトは働く」と言われているのかもしれません。

 

さて、今日ご紹介したいのは、この言葉の初めにある「ブラガは祈り」のブラガです。

 

ブラガ(Braga)はポルトガル北部に位置する歴史ある街です。ポルトからは電車やバスで約1時間の距離です。

 

ポルトガルではカトリック教徒が圧倒的多数(約97%)と言われていますが、ここブラガはポルトガルの中で教会が一番多い町と言われています。

 

ブラガの大きさは東京八王子市と同じくらいですが、その中に何と86もの教会が存在します。ブラガの中心地区にいると、右を見ても左を見ても、教会が見えるといった感じです。

聖マリアを祭るブラガ大聖堂

聖マリアを祭るブラガ大聖堂

このブラガの歴史は非常に古く、紀元前には既にブラカラ・アウグスタという地区が発展していたほどです。12世紀にはポルトガルの初代王の父親であるエンリケ伯爵(エンリケ・デ・ボルゴーニャ)によって、ブラガ大聖堂 (Sé de Braga)建設が進められました。

その後も増改築が行われたため、初期ロマネスク様式の他に、ゴシック様式やバロック様式も見ることができます。

大聖堂の近くにはお花が色鮮やかな庭園もあります。

大聖堂の近くにはお花が色鮮やかな庭園もあります。

町の中心には、とても優雅で堂々とした姿のアルカーダがあります。ルネッサンス時代に柱廊が改築されると常に人が集まる場所となりました

現在はカフェが建ち並び、賑わいをみせています。夜はロマンチックにライトアップ。

現在はカフェが建ち並び、賑わいをみせています。夜はロマンチックにライトアップ。

目の前には広場があり、晴れた日は噴水も綺麗です。

広場の真ん中には信徒教会(Igreja dos Congregados)があります。

広場の真ん中には信徒教会(Igreja dos Congregados)があります。

建物と礼拝の建築は、18世紀に大司教に仕えたアンドレ・ソアレスによるものです。彼はブラガの繁栄の象徴となる建物の建築を多数手がけ、美しい町並みづくりに貢献したと言われています。

こちらは17世紀初めに着工されたサンタクルス教会

こちらは17世紀初めに着工されたサンタクルス教会

町の中心地だけでも実に多くの教会があり、私もまだまだ見きれていません。

いつかひとつひとつ時間をかけて巡りたいなと思います。

 

教会ではありませんが、17世紀から18世紀の時代の建築でユニークな建物があります。

それがこちらの格子窓の家(Casa dos Crivos)。

とても細かい目になっています。

とても細かい目になっています。

修道院の建築技法の影響を受けたとか、外と中の世界をわける意味があったとか、聞いたことがありますが、少し不思議な感じがします。市民の家にも使われていたようです。

 

さて、ブラガにも老若男女問わず人気な老舗カフェがあります。

それがカフェ・ア・ブラジレイラ(Café A Brasileira)。

アルカーダのすぐ近くにあります。

晴れた日はオープンテラスもあり、ゆったりとした時間が流れます。

晴れた日はオープンテラスもあり、ゆったりとした時間が流れます。

ガラスのテーブルにはお店のマークも入っています。

ガラスのテーブルにはお店のマークも入っています。

ブラガには美味しい料理のレストランがたくさんありますが、中でもお勧めしたいのがヴェロス・テンポス・タベルナ(Velhos Tempos Taberna)というレストランです。

ポルトガル料理が楽しめて落ち着いた雰囲気も素敵です。

ポルトガル料理が楽しめて落ち着いた雰囲気も素敵です。

ここの干しダラ料理バカリャウ・コン・ブロア(Bacalhau com Broa)がとっても美味しい!

ここの干しダラ料理バカリャウ・コン・ブロア(Bacalhau com Broa)がとっても美味しい!

祈りの町、ブラガ。いかがでしたか。

小さいけど歴史深く、魅力がある場所です。

ポルトまで行かれることがあれば、是非ブラガも行ってみて下さいね。

 

では、また次回!

バックナンバー

RSS

  • 新着情報
    第91回 今から注目しておきたい!ポルトガルのシューズ①

    おしゃれなレインブーツやレインシューズを履いて、雨の日もワクワクして出かけて欲しい!

  • 新着情報
    第90回 夏の風物詩!中世祭り

    今年は以前から訪れてみたかったサンタ・マリア・ダ・フェイラ(Santa Maria da Feira)の中世祭りに行ってきました。

  • 新着情報
    第89回 王妃シリーズ③ディニス1世を支え、後に聖人となったイザベル王妃

    今日、ご紹介するのは慈悲深く王室にいながらも貧しい人々や病人に手を指し伸ばし続けた女性イサベル・デ・アラゴン・イ・シシリアです。

  • 第88回 リスボンから日帰りトリップ!カスカイス・ロカ岬・シントラ編

    今日はリスボンから日帰りで楽しめる、カスカイス・ロカ岬・シントラの旅をご案内したいと思います。

  • 第87回 暮すようにポルトガル個人旅行を楽しむ!ホテル・アパートメント予約編

    今回は、旅の中でも重要になってくる滞在場所についてのご紹介です。

  • 第86回 暮すようにポルトガル個人旅行を楽しむ!航空券購入編

    今回はポルトガル行きの航空券についてご紹介します!

  • 第85回 マデイラ島の手仕事、マデイラ刺繍

    ポルトガルには温かみのある手仕事が今も残っています。

  • 第84回 歴史を肌で感じたい!美しい町ポンテ・デ・リマ

    ポルトガル北部、リマ川に沿って栄えた小さな町、ポンテ・デ・リマ。

  • 第83回 王妃シリーズ②イギリスに渡ったポルトガルの王妃

    今回ご紹介するのは、フィリッパ王妃がイギリスからポルトガルに嫁いできた頃から約270年後のお話しです。

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: www.filigranacomamor.com
www.eleuteriojewels.com
E-mail:s.kiriyama@worldfiligranakk.com

ポルトガルワイン検定

※外部サイトです

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 700円(商品合計8,000円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計8,000円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2023年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2023年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.