ポルトガル訪問 Quintas de Melgaco

ポルトガル訪問 故郷とアルヴァリーニョを想う実業家が手掛けたユニークなプロジェクト キンタス・デ・メルガッソ Quintas de Melgaco
(2018年10月)

公開日:2018年11月29日

2018年10月8日の訪問3社目は、ポルトガルミーニョ地方、最北エリア、メルガッソ村にある、キンタス・デ・メルガッソ。

訪問の二日前に収穫が終わったとのこと、忙しくて「床屋にも行けてないんだ」といいながら、エノロゴ(醸造家)のエーリオと、輸出担当のルイーシュがウェルカムしてくれました。

現在の概要は以下のとおりです。

・ぶどう農家500人
・ぶどう畑総面積100ヘクタール
・年間生産量は100万リットル
・輸出は全体の20パーセント 


まずはこのワイナリーについて簡単に説明します。キンタス・デ・メルガッソ(Quintas de Melgaço)は、実はとてもユニークなプロジェクトで始まったワイナリーなのです。

20世紀の中頃、ブラジルの地に渡ったメルガッソ出身の実業家、アマデウ・アビリオ・ロペスさんが、故郷のために事業を起こしたいと考えました。そこで、メルガッソにとって「原石」とも言える「アルヴァリーニョ」に目を付け、アルヴァリーニョを育てる小さな農家たちからぶどうを買い、ワインを造り始めました。1991年のことです。小さな農家たちを大切にすることで、アルヴァリーニョ栽培、ワイン造りの産業が守られ、同時にメルガッソの村が発展するようにとの願いを込めて、500人の農家たちの出資からなるワイナリーの半分を村に寄付しました。今日現在も、ワイナリーの62.8%はメルガッソ村のものとなっています。

共同組合が存在しないメルガッソにとっては、共同組合のような役割も果たしています。
 
醸造家が「メルガッソがボトルに詰まっている」と表現するアルヴァリーニョのワインたち

醸造家が「メルガッソがボトルに詰まっている」と表現するアルヴァリーニョのワインたち

左から、ルイーシュ、ヒロノ、エーリオ

左から、ルイーシュ、ヒロノ、エーリオ

今年のぶどうについて聞いてみると、

7月は雨が多く、気温は13から15度くらいで寒かった。
そのためぶどうが熟してないのに8月半ばに急に暑くなってしまい、生産量は昨年に比べ、10パーセントくらい減るだろうとのことでした。

しかし、ぶどうが早く熟しすぎた昨年に比べ、バランスの良いクオリティとの予測。
現時点ではまだわからないけれど、天然の酸(Acidez natural)とアルコールのバランスがよさそう、とのことでした。

メルガッソの特徴について聞いてみました。

メルガッソでは、冬は0℃、夏は50度近くまで気温が上がります。寒暖差が大きいのが特徴。

畑は北向きなので、川向いのスペインと比べると、スペインでは日が当たるのが朝10時からだとすると、メルガッソは早朝から夜までと日照時間が長くて有利

ブドウ農家たちにもしっかりと賃金を払っているので、年間を通してきちんと畑をケアしてもらえているので、ブドウの質もよい。

標高が高いところのぶどうはミネラル感が豊かなのが特徴。

川の近くの粘土土壌はボリューミーでトロピカルな印象。


こういった土地の細かな違いがあり、ぶどう特徴がそれぞれで、それがすべて、つまり、「メルガッソがワインのボトルに詰まっている」と、熱く語っていました。

 
数日後テレビのニュース番組、メルガッソのアルヴァリーニョ特集に

数日後テレビのニュース番組、メルガッソのアルヴァリーニョ特集に

ワインの造り手の熱い思いが聞けて、とても有意義な訪問となりました。

メルガッソは車がないと便が悪いですが、行く価値のあるすてきな場所です。アルヴァリーニョも美味しいですし、おすすめします!

→アルヴァリーニョにトラジャドゥーラを30%ブレンドした、レ・デ・メナージェン・ヴィーニョ・ヴェルデ

トラジャドゥーラがワインにフレッシュさ、グリーンな味わいを与えるそうです。香り豊かな微発泡。コストパフォーマンスの高さでびっくりされるイチオシワインです!

(アルヴァリーニョ100%で作られるQMは現在欠品中です。)
 
バックナンバー

RSS

  • 新着情報
    ポルトガル訪問 Quevedo

    2018年10月、ワイナリーQuevedoを訪問しました。

  • 新着情報
    ポルトガル訪問 Quintas de Melgaco

    2018年10月、ワイナリーQuintas de Melgacoを訪問しました。

  • 新着情報
    ポルトガル訪問 Reguengo de Melgaco

    2018年10月、ワイナリーReguengo de Melgacoを訪問しました。

  • 新着情報
    ポルトガル訪問 VERCOOPE

    2018年10月、ワイナリーVERCOOPEを訪問しました。

  • 新着情報
    生ガキ専門Fish House Oyster Barさん訪問

    恵比寿にある生ガキ専門店Fish House Oyster Barさんの11月のワインリストに弊社の微発泡ワインを載せていただいています。

  • 新着情報
    ポルトガル訪問 Quinta de Paços

    2018年10月、ワイナリーQuinta de Paçosを訪問しました。

  • 新着情報
    ポルトガルから友人来日

    ポルトガルから友人が遊びに来てくれました。

  • 新着情報
    ポルトガル訪問 Adega Cooperativa de Guimaraes

    2018年10月、ワイナリーAdega Cooperativa de Guimaraesを訪問しました。

  • 新着情報
    ポルトガル訪問 Vinhos Norte

    2018年10月、ワイナリーVinhos Norteを訪問しました。

■店長ブログトップはこちら→
https://www.m-portugal.jp/blog2/

 

■2017年4月21日以前のブログはこちら→
https://www.m-portugal.jp/index.php?p=&d=blog&c=

 

■メルカード・ポルトガル・オンラインショップはこちら→
http://www.m-portugal.jp/

 

■ポルトガルジュエリー・オンラインショップ「フィリグラーナ・コン・アモール」はこちら→

http://www.shop.filigranacomamor.com/


■コラム「Portugal Lifestyle ポルトガル流、幸せなライフスタイル」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_life/

 

■コラム「毎日飲みたいポルトガルワイン」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_winenavi/

 

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 700円(商品合計8,000円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計8,000円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル 毛利健
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.