パリパリが決めてのパステル・デ・ナタがファミリーセールに初登場!!

パリパリが決めてのパステル・デ・ナタがファミリーセールに初登場!!

ポルトガルと言えば、パイのパリパリが決めての、パステル・デ・ナタ!!Pasteis de Nata!!
 
パステル・デ・ナタを除いて、私がポルトガルのカフェで大好きなメニューは、クロワッサン(ポルトガルのはもっちりしていますが素朴な味で美味しい!)やボーラ・デ・ベルリン(揚げドーナツのような丸いパンの中に黄色いカスタードが挟まれています)ですが、いずれにしてもポルトガルのお菓子は卵やお砂糖を主体に作ったものが多く、ショーケースは美味しそうな「黄色」です。
こんがり焼けたクロワッサン。ハムやバターを挟んでもらっても美味しいです。

こんがり焼けたクロワッサン。ハムやバターを挟んでもらっても美味しいです。

ボーラ・デ・ベルリン。お砂糖がまぶしてあってなんとも素朴。

ボーラ・デ・ベルリン。お砂糖がまぶしてあってなんとも素朴。

「黄色い」ショーケース

「黄色い」ショーケース

観光地として人気急上昇のポルトガル。

 

地元の人だけでなく、観光客にも人気なお菓子の一つがパステル・デ・ナタ(Pastel de Nata)、少しややこしいですが、複数になるとパステイシュ・デ・ナタ(Pasteis de Nata)。

ポルトで見つけたファブリカ・ナタ(ナタ工房)というお店、製造工程が見えます。

ポルトで見つけたファブリカ・ナタ(ナタ工房)というお店、製造工程が見えます。

この店の中にナタの歴史が書かれていました。

この店の中にナタの歴史が書かれていました。

訳してみました。

 

「パステル・デ・ナタの歴史

 
パステル・デ・ナタは、ポルトガル菓子の中で最も伝統かつ人気のあるお菓子のひとつ。17世紀後半、ポルトガルの修道院では卵の黄身を使ったお菓子をたくさん作っていました。洗濯やワインの醸造(清澄)に使った卵の白身を使っていたので、その余りが使われていました。
 
 
1820年の自由主義革命で宗教団体が追放され、修道院が閉鎖されたのを受け、修道院で使われていたレシピが広まり、ポルトガルのお菓子文化に大きな影響を与えた。以来、地元のお客様や遠方からお客様もが、焼きたてにシナモンと粉砂糖をかけたこのお菓子を楽しむようになりました。」

なるほど、ポルトガルのお菓子が黄色いのにはきちんと理由があり、納得です!

カフェオレとナタ

カフェオレとナタ

シナモンをふりかけて!

シナモンをふりかけて!

これまでポルトガルで機会があれば、色んなお店のナタを食べてきましたが、美味しさの決め手は、ずばりパイ生地のパリパリ、だと思います。
 
このパリパリを再現するのは本当に難しいようです。
 
家で冷凍パイシートでトライしてみましたが、本場のもナタとは程遠いものになってしまった記憶があります。。。
 
 
だが、しかし!!!!
このパリパリを味わって頂く貴重な機会が、2018年2月、鎌倉にやってきます!!
 
 
今月のファミリーセール(土日のみ)では、1996年に本場ポルトガルに修行に行って作り方を習ってきた和菓子職人、「和菓子処清野」の春美さんが、パステル・デ・ナタと、カステラの元祖と言い伝えられるお菓子「パン・デ・ロー」を販売に来て下さいます。
 
ナタはいつでも食べられるわけではなく、蒲田にある春美さんの工房では「夏は暑すぎてパイ生地が打てない」ため作れないそうです。厨房が20度を超えると作れない、季節限定品なのです。
 
当日も、出来立てを蒲田から運んでいただくため、時間を限定しての販売となります。
 
賞味期限が翌日の生ものなので、ご予約販売させていただきます。
 
 
 
 
 
春美さんに販売して頂くもう一つのお菓子、パン・デ・ローのご紹介はまた後日!!
 
カステラの元祖と言われるお菓子、パンデローもご用意いたします

カステラの元祖と言われるお菓子、パンデローもご用意いたします

バックナンバー

RSS

  • 新着情報
    鎌倉御成通りのパンダバルさん訪問

    鎌倉御成通りのパンダバルさん。ポルトガルの微発泡ロゼワインをお楽しみいただけます。

  • 新着情報
    昭和の文豪檀一雄さんも愛飲したダンワイン

    昭和の文豪檀一雄さんも愛飲したといわれるダンワインが入荷しました。

  • 新着情報
    美しい日本の自然を堪能した夏の思い出2018

    暑くて長かった夏が過ぎ去ろうとしています。夏の思い出を綴りました。

  • 新着情報
    鎌倉海の家でヴィーニョ・ヴェルデ

    今年は鎌倉の海の家でもヴィーニョ・ヴェルデをお取り扱いいただきました。

  • 新着情報
    鎌倉松原庵さんでヴィーニョ・ヴェルデ

    鎌倉にある古民家を改装した風情あるお蕎麦屋さん松原庵さんで、メルカード・ポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデをお取り扱い頂いています。

  • 新着情報
    カーザ・ダ・アンドリーニャさん訪問

    大阪にあるポルトガル料理専門店 カーザ・ダ・アンドリーニャさんを訪問しました。

  • 新着情報
    ヴィーニョヴェルデ 夏をあきらめないで!

    ヴィーニョヴェルデ 夏をあきらめないで! という粋なイベントに参加させていただきました。

  • 新着情報
    真夏の試飲会開催報告

    真夏のポルトガルワイン試飲会が都内恵比寿で開催されました。14の新商品をご紹介させていただきました。

  • 新着情報
    お祭り男カルロスが来日!

    20年来の友人であり、ビジネスパートナーでもあるカルロスが来日。昨年に引き続き、地元鎌倉のお神輿メンバーに名を連ね、すんなり馴染んでいました。お祭りオトコの風格です。

■店長ブログトップはこちら→
https://www.m-portugal.jp/blog2/

 

■2017年4月21日以前のブログはこちら→
https://www.m-portugal.jp/index.php?p=&d=blog&c=

 

■メルカード・ポルトガル・オンラインショップはこちら→
http://www.m-portugal.jp/

 

■ポルトガルジュエリー・オンラインショップ「フィリグラーナ・コン・アモール」はこちら→

http://www.shop.filigranacomamor.com/


■コラム「Portugal Lifestyle ポルトガル流、幸せなライフスタイル」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_life/

 

■コラム「毎日飲みたいポルトガルワイン」はこちら→
http://www.m-portugal.jp/portugal_winenavi/

 

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 700円(商品合計8,000円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計8,000円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル 毛利健
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.