第42回 リスボンと聖アントニオ祭

リスボンと聖アントニオ祭

ポルトガルへ行く時期としておすすめしたいのは、やはり6月。

日本ではお休みが少ない時期なので残念ですが、ポルトガルの6月は楽しいイベントが盛りだくさん。天気も良いので飽きることがありません。

 

こちらのコラムでもご紹介しましたが、6月はポルトガルのあちらこちらでお祭りがあります。

 

ちょうど昨日、リスボンの代表的なお祭り、聖アントニオ祭(6/13(6/12前夜祭)に行って来ました。夜出かけるのは初めてでしたが、それぞれのエリアの代表的なストリートは人がたくさん集まり賑わいを見せていました。

 

最初に向かったのがケーブルカーで有名なビカ。

ケーブルカーがほとんど見えない状態に

ケーブルカーがほとんど見えない状態に

ここ、通常はケーブルカーと脇道に歩く人がちらほらいるリスボンらしい場所ですが、この日は屋台もあり音楽もかかり人に溢れています。

歩くのも困難でしたが、一番下まで行ってみました!こんな状況

歩くのも困難でしたが、一番下まで行ってみました!こんな状況

ケーブルカーの入り口(下)の横道も歩けないほど

ケーブルカーの入り口(下)の横道も歩けないほど

さて、お祭りに欠かせないものと言えば屋台ですが、聖アントニオ祭では「いわしの炭火焼き」が定番です。その場で焼いているいわしをパンにはさんで売っています。特に野菜やソースは入れず挟むのはいわしだけ。また、フォークなどは使わず、手で骨などを取り食べます。いわしサンドは手で食べてもお行儀悪くないから大丈夫!とのことです。

おじさんもパンを片手にいわしを焼きます。大忙し

おじさんもパンを片手にいわしを焼きます。大忙し

家庭ではパンに挟まずそのままで食べることも

家庭ではパンに挟まずそのままで食べることも

いわしの他によく出ているのがフェブラ(Febra)と呼ばれる豚肉サンド。

フェブラもいわしと同じく炭火焼き

フェブラもいわしと同じく炭火焼き

その他にも、油で揚げたチュロスもあります。

ぐるぐると巻かれた太めのチュロス

ぐるぐると巻かれた太めのチュロス

さて、聖アントニオ祭のもう一つのシンボルとしてマンジェリコがあります。これはバジルの一種で、ポルトガルでは男性が付き合っている女性に贈るとされています。緑で可愛いバジルの鉢植えにはカーネーションも添えられることが多く、彩りも鮮やかです。

マンジェリコの屋台

マンジェリコの屋台

キャンドル屋さんのショーウィンドウにもマンジェリコのキャンドル

キャンドル屋さんのショーウィンドウにもマンジェリコのキャンドル

以前のコラムでは、聖アントニオ祭に行われる合同結婚式についてご紹介しましたが、イベントのもう一つの目玉として市民が楽しみにしているものがあります。

 

それが色鮮やかなパレード、マルシャス・ポプラーレシュ(Marchas Populares de Lisboa)。

リスボンの地区別チーム(約20)がそれぞれの踊りを披露し、その完成度で順位が決まります。リベルダーデ大通りを行進するため、この辺りも大勢の人でにぎわいます。アルファマ地区は強く、今年も優勝していました。

パレードはテレビで鑑賞する方がおすすめです。

パレードはテレビで鑑賞する方がおすすめです。

踊りや歌が華やかで楽しいパレード。きっと準備が大変だと思いますが、その分とても見応えがあります。

 

6月お休みが取れる方は、ポルトガルへ遊びに行ってくださいね。

この時期はいわしのモチーフにしたアイテムも可愛いものが多いです。

この時期はいわしのモチーフにしたアイテムも可愛いものが多いです。

ではまた次回!

バックナンバー

RSS

  • 新着情報
    第42回 リスボンと聖アントニオ祭

    ポルトガルの6月は楽しいイベントが盛りだくさん。あちらこちらでお祭りがあります。

  • 新着情報
    第41回 祈りの町、ブラガ

    「ブラガは祈り、ポルトは働き、コインブラは学び、リスボンは遊ぶ」

  • 新着情報
    第40回 ポルトガルが誇る最高級のチーズ

    世界中で親しまれているチーズ。
    日本でも様々な国のチーズを購入することができますが、それでも世界にあるチーズのほんの一部しか紹介されていないと言われています。

  • 新着情報
    第39回 色々あります!ポルトガルの米料理

    「ポルトガル料理は日本人の口に合う」
    インターネット上で“ポルトガル料理”と検索すると、こんな言葉が多く出てきます。

  • 新着情報
    第38回 ポルトガルの街を彩る花、ブーゲンビリア

    ポルトガルの抜けるような青空に似合う花。
    それが「ブーゲンビリア」です。

  • 新着情報
    第37回 ちょっと違うポルトガルのソーセージ

    キリスト教が浸透しているポルトガル。
    宗教がルーツのお料理やお菓子が多いのは良く知られています。

  • 新着情報
    第36回 石畳もポルトガルらしく飾ります

    ポルトガルの街をポルトガルらしくするもの。
    それは足元にあります。

  • 第35回 私が好きなポルトワインの楽しみ方

    こちらのコラムでも、ちょこちょこポルト好きをアピールしてきましたが、今日はその街の名前がついているワイン、ポルトワイン(ポートワイン)について少しお話ししたいと思います!

  • 第34回 ユニークなリスボンの地区、モウラリア

    ポルトガル人は車やトラムで移動することが多い気がしますが、
    可愛い街並みはぷらぷらと散歩するのが一番です。

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: www.filigranacomamor.com
www.eleuteriojewels.com
E-mail:shop@worldfiligranakk.com

6/23-6/25ファミリーセール@鎌倉

6/23-6/25ファミリーセール@鎌倉

食品

ポルトガルの食品
その他の食品

ワイン

ピックアップワイン
ワインセット
ポルトガル種類別
ポルトガル産地別
その他ワイン

雑貨

ポルトガルのお土産
キッチン雑貨

ギフト

オリーブオイルギフト

お支払方法

  • クレジットカード決済:VISA、MASTER、DINERS、JCB、AMEX、DISCOVERがご利用いただけます。
    • visa
    • MasterCard
    • DINERS
    • JCB
    • AMEX
    • DISCOVER
  • 代金引換:手数料220円(商品合計5,400円以上で無料)
  • 銀行振込:手数料お客様負担(ジャパンネット銀行)
    • 2回目までは前払い、3回目以降は後払い
    • 高額のご利用は、先払いとなります

配送について

  • 全国一律 650円(商品合計7,100円以上で送料無料
    • クール便手数料 220円
    • 沖縄県は別途540円ご負担ください。
  • 送料無料条件
    • 商品合計7,100円以上お買い上げ
    • ワインを6本以上お買い上げ
    • 送料無料商品との同封

ギフト包装について

  • ギフト箱、包装紙、リボンまたは熨斗:一包装につき216円
  • 簡易ラッピング(ギフト袋&リボン):一包装につき108円
詳細はこちら

営業日カレンダー

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 は定休日となります

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル 毛利健
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.