全品ポイント5倍

Portugal Lifestyle ポルトガル流、幸せなライフスタイル

ポルトガルの街を彩る花、ブーゲンビリア

ポルトガルの抜けるような青空に似合う花。

それが「ブーゲンビリア」です。

リスボンのオリエンテ地区でもこの通り。

リスボンのオリエンテ地区でもこの通り。

5月頃から可愛らしい赤い花をつけるブーゲンビリア。

ポルトガル全土で出会うことができます。特に南部には多く植栽されています。

春になるとまるでお互い口合わせをしたかのように開花し、街を華やかに彩ります。

咲いている時期が長く、9カ月間くらい楽しむことができます。

自然と町に馴染んでいます。

自然と町に馴染んでいます。

ブーゲンビリアは南アメリカ大陸原産の植物です。1790年にフランス人航海士ルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィル(Louis Antoine Bougainville)が発見し、ヨーロッパへ持ち帰りました。その後、ポルトガルにも広まったと言われています。少し言いにくい「ブーゲンビリア」。彼の名前、ブーガンヴィルにちなんで付けられました。

 

元々、温かい国の植物。

ポルトガルの気候にぴったり!鮮やかな色も素晴らしい!ということになり、各地に広がったそうです。今では初夏の訪れを知らせる花として親しまれています。

 

ポルトガルでは赤の他に、ピンク・紫・白・オレンジなどの様々な色のブーゲンビリアを見ることができます。正確には、花の部分はとても小さく、花のように見えるのは葉っぱ(包葉)です。

いくつかの色が並んでいる光景も良く見られます。

いくつかの色が並んでいる光景も良く見られます。

ビビッドな色で勢いよく咲く姿から「情熱」「あなたしか見えない」という花言葉が与えられています。

この色と勢い、本当に情熱的ですね。

この色と勢い、本当に情熱的ですね。

先日ポルトガル人から、日本人は桜をどうして特別扱いするの?と聞かれました。

この質問に正確に答えるのは難しいですが、私個人としては「美しく可憐な花が咲くのを今か今かと待つわりに、はかなく散ってしまう。その姿が愛おしいから」と答えました。

日本人の心の中には、自然と桜を尊ぶ気持ちが備わっているのかもしれません。

 

ポルトガル人にとっていつも街を彩るブーゲンビリアもそういう存在なのかなと思い、何人か友人に質問したことがあります。

 

その時帰ってきた答えは、「街中に綺麗に咲いているのは好きだけど、そんなに意識してないかな」とのこと。

 

花への考え方は日本人とはちょっと違うのかもしれませんね。

オフィスの入口にもこの通り。ポルトガル人にとっては意識しないほど身近なのかもしれません。

オフィスの入口にもこの通り。ポルトガル人にとっては意識しないほど身近なのかもしれません。

日本ではあまり見られないブーゲンビリアですが、沖縄や静岡熱海市で楽しめるようです。

 

ちなみに熱海市は1990年にポルトガルの都市カスカイスと姉妹都市を提携しています。その時、記念にポルトガルで親しまれているもう一つの植物「ジャカランダ」が植樹されました。その後も植栽が進み、現在は400本以上のジャカランダを楽しむことができます。そして、ジャカランダと一緒にブーゲンビリアも楽しめるよう整備されています。

 

ポルトガルの街を美しくするもの。

以前紹介した「アズレージョ」「ポルトガル石畳」に加え、ブーゲンビリアはもう一つの要素だと思っています。

 

冬も終わり、街はお花の季節。5月の連休はたくさんのお花を見て癒されたいですね。

 

2年前ホテルオークラ東京さんで行われた大使夫人ガーデニング。

ポルトガルからはイルダ・シャヴィエル・エステヴェス大使夫人がデザインされたガーデンを楽しむことが出来ました。そこにもブーゲンビリアが堂々と飾られていましたよ。

壁を彩るブーゲンビリア

壁を彩るブーゲンビリア

今年もゴールデンウイークに開催されるそうなので、お近くの方は是非行ってみて下さいね。ではまた次回!

著者プロフィール

19歳の時にポルトガルに出会いすっかり虜になる。大学卒業後、日本で貿易実務、ロジスティクス、マーケティングの経験を積むが、日本とポルトガルをビジネスで繋ぎたいという気持ちが大きくなり渡ポすることを決意。ポルトガルに1年半留学しMBAを取得。在学中、現地企業やビジネスパーソンとの幅広いコネクションを築く。

現在はポルトガルジュエリーのブランド「フィリグラーナ・コン・アモール(Filigrana com Amor)」を立ち上げ、インポーターとして活動。日本とポルトガルを行き来しながら両国の情報を発信し、人・ビジネス間の交流が活発化するよう邁進中。

Web: www.filigranacomamor.com
www.eleuteriojewels.com
E-mail:shop@worldfiligranakk.com

 
 

バックナンバー

  • 第38回 ポルトガルの街を彩る花、ブーゲンビリア

    ポルトガルの抜けるような青空に似合う花。 それが「ブーゲンビリア」です。

  • 第37回 ちょっと違うポルトガルのソーセージ

    キリスト教が浸透しているポルトガル。 宗教がルーツのお料理やお菓子が多いのは良く知られています。

  • 第36回 石畳もポルトガルらしく飾ります

    ポルトガルの街をポルトガルらしくするもの。 それは足元にあります。

  • 第35回 私が好きなポルトワインの楽しみ方

    こちらのコラムでも、ちょこちょこポルト好きをアピールしてきましたが、今日はその街の名前がついているワイン、ポルトワイン(ポートワイン)について少しお話ししたいと思います!

  • 第34回 ユニークなリスボンの地区、モウラリア

    ポルトガル人は車やトラムで移動することが多い気がしますが、 可愛い街並みはぷらぷらと散歩するのが一番です。

  • 第33回 便利で美味しい、ポルトガルの缶詰たち

    大西洋に面したポルトガル。ヨーロッパ諸国の中でもお魚の消費量が多いことで知られていますが、昔から保存食として魚介類の缶詰が生産されています。

  • 第32回 素朴な味が魅力的なポルトガルのパン

    ポルトガルの食卓に必ずあるもの、それは実はパン!といっても過言ではありません。 基本的に素朴なものが多く、どっしりと重みがあります

  • 第31回 クリスマスと年末年始のポルトガル

    クリスマスもお正月もあっという間に過ぎ、新しい年が始まりました。 私は今年のクリスマスとお正月はポルトガルの北部で過ごしました。 年もたくさんの甘いお菓子とタラ料理をご馳走して頂きました。

  • 第30回 美しいポルトガルのタイル“アズレージョ”

    ポルトガルの街を歩いていると必ず目にするもの。 それがアズレージョと呼ばれるタイルです。

  • 第29回 日本と同じ秋の味

    日本で馴染みのあるものを海外で見つけると、お!っと嬉しくなるものです。 ポルトガルに行くとなんだか懐かしく感じる、初めて来たのに… と言う人が結構いるのですが、もしかしたら食材や季節の香りが似ているからかもしれません。

  • 第28回 ポルトガル人だから残せた伝統的な職人技!

    ポルトガルには昔から続く伝統的な仕事があります。 その一つが、私が輸入をしている「フィリグラーナ」です。 フィリグラーナは今から5000年も前に、フェニキア人が始めた金細工が起源と言われています。大航海時代に繁栄を謳歌していたポルトガルですが、17世紀になり海外領土ブラジルからもたらされる金をふんだんに使うようになり、ポルトガルにも伝わっていたフィリグラーナを、より洗練されたジュエリーへと発展させていったのです。

  • 第27回 ポルトガルで暮らせば、食費がお安い?

    海外にロングステイ、憧れますよね。 特にポルトガルは外国人でも過ごしやすく、ゲストハウスやアパートを借りて暮らすように滞在するのにぴったりな国です。

  • 第26回 意外と知られていない?ポルトガルはコーヒーが美味しい!

    ポルトガルの食文化の中で、とても大事な存在であるコーヒー。 朝も昼も、おやつタイムにも良く飲まれています。

  • 第25回 愛しの街、ポルト!

    先日からポルトガルの第2の都市、ポルトに来ています。 私はこの街が大好きで、ここにいると心が落ち着きやる気がどんどん出てきます。

  • 第24回 カステラの元祖、パン・デ・ロー!

    日本でお馴染の焼き菓子と言えば多くの人に愛されているカステラ。 でも、これが実はポルトガルから伝わったお菓子ということ皆さんはご存知ですか。

  • 第23回 大航海時代と言えば帆船!

    ポルトガルと聞くと日本でもフランシスコ・ザビエルを思い出す方が多いと思いますが、ポルトガルでは今でも大航海時代の栄光を物語る建物や銅像があります。ポルトガルが世界をリードしていた頃の遺産はどれも素晴らしく、最近のポルトガル人気を後押ししているのではないでしょうか。

  • 第22回 赤ちゃんの洗礼式

    先日、赤ちゃんが生まれた友人の招待で洗礼式に参加してきました。 幼児洗礼はキリスト教徒として初めての儀式で、子供の罪を清め健やかな成長を願う意味が込められています。

  • 第21回 チェリーが美味しい季節

    6月は日本ではさくらんぼが美味しい季節ですが、ポルトガルでもたくさんのチェリーが売られています。どちらかと言えば、アメリカンチェリーのような濃い色のチェリーが主流です。

  • 第20回 6月ポルトガルの祭り

    ポルトガルの6月はあちらこちらで大事なお祭りが行われます。 代表的なお祭りとしては6/13(6/12前夜祭)のリスボンの聖アントニオ祭りと、6/24(6/23前夜祭)のポルトの聖ジョアン祭り。それから6/29のエヴォラの聖ペドロ祭り。それぞれお祭りの日はその街のお休みになっています。

  • 第19回 ナザレの伝説

    私は今、ポルトガルのビーチに行きたくてうずうずしています。 特に皆さんにもおススメしたいのがナザレ(Nazaré)。ここは観光地でもありながらポルトガルらしさが残る漁業の町です。リスボンもアルガルヴェもいいけれど、やっぱりどこかのんびりしていて焼き魚の匂いがふわ~っと薫ってくる場所、いいですよね。

ページトップ

【ポルトガルワインとオリーブオイル Mercado Portugal】
www.m-portugal.jp
株式会社メルカード・ポルトガル 毛利健
〒248-0013 神奈川県鎌倉市笹目町4-6
TEL:0467-24-7975

当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしております。

Copyright © 株式会社メルカード・ポルトガル all rights reserved.